国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1995年(平成7年)第3回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学総論 (問題57〜68)

問57

心不全の徴候でないのはどれか。

  1. 頸静脈拡張  
  2. 肝臓腫大  
  3. 起立性低血圧  
  4. 腹水
解答・解説を見る
解答:
3

問58

 脈拍のリズムについて正しい記述はどれか。

  1. 期外収縮とは脈が1拍欠けるものをいう。  
  2. 心房細動は絶対性不整脈を示す。
  3. 完全房室ブロックでは脈が速くなる。    
  4. 洞性不整脈と呼吸のリズムとは無関係である。
解答・解説を見る
解答:
2

問59

低比重尿をきたす疾患はどれか。

  1. 尿崩症  
  2. うっ血性心不全  
  3. 糖尿病  
  4. ネフローゼ症候群
解答・解説を見る
解答:
1

問60

出血傾向がみられない疾患はどれか。

  1. 急性骨髄性白血病  
  2. 鉄欠乏性貧血  
  3. 壊血病  
  4. 肝硬変
解答・解説を見る
解答:
2

問61

やせをきたさない疾患はどれか。

  1. 甲状腺機能亢進症  
  2. 糖尿病  
  3. クッシング症候群  
  4. 褐色細胞腫
解答・解説を見る
解答:
3

問62

圧痛を特徴とするリンパ節腫脹がみられる疾患はどれか。

  1. 化膿性リンパ節炎  
  2. 結核性リンパ節炎  
  3. 悪性リンパ腫  
  4. 転移性悪性腫瘍
解答・解説を見る
解答:
1

問63

浮腫と原因との組合せで正しいのはどれか。

  1. 粘液水腫 ― 腎機能低下   
  2. 肝性浮腫 ― 低タンパク血症
  3. 腎性浮腫 ― 副腎機能低下  
  4. 心性浮腫 ― 静脈圧低下
解答・解説を見る
解答:
2

問64

高次脳機能障害と症状との組合せで誤っているのはどれか。

  1. ブローカー失語症  ― 音読障害  
  2. ウエルニッケ失語症 ― 理解障害
  3. 失行症       ― 情緒障害       
  4. 失認症       ― 認識障害
解答・解説を見る
解答:
3

問65

アキレス腱反射が消失する椎間板ヘルニアの部位はどれか。

  1. L2-L3間  
  2. L3-L4間  
  3. L4-L5間  
  4. L5-S1間
解答・解説を見る
解答:
4

問66

反射と病態との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 深部反射亢進 ― 多発性神経炎   
  2. 病的反射   ― 錐体路障害
  3. 深部反射減弱 ― 筋ジストロフィー  
  4. 姿勢反射異常 ― 脳性麻痺
解答・解説を見る
解答:
1

問67

疾患と痛みが放散する部位との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 胆石症    ― 右肩  
  2. 尿管結石   ― 鼠径部
  3. 狭心症    ― 左肩  
  4. 十二指腸潰瘍 ― 右肩
解答・解説を見る
解答:
4

問68

急性腹症を起こしにくい疾患はどれか。

  1. 胃潰瘍  
  2. 胆石症  
  3. 卵巣嚢腫  
  4. 子宮筋腫
解答・解説を見る
解答:
4