国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1996年(平成8年)第4回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題97〜111)

問97

五行色体表について正しい記述はどれか。

  1. 目は腎に属する。  
  2. 肌肉は脾に属する。  
  3. 爪は肺に属する。  
  4. 汗は肝に属する。
解答・解説を見る
解答:
2

問98

五志に含まれない七情はどれか。

  1. 怒  
  2. 喜  
  3. 悲  
解答・解説を見る
解答:
3

問99

営(栄)気を蔵するのはどれか。

  1. 胆  
  2. 心  
  3. 脾  
解答・解説を見る
解答:
3

問100

肝の臓の生理作用はどれか。

  1. 納気を主る  
  2. 運化を主る  
  3. 神を蔵す  
  4. 血を蔵す
解答・解説を見る
解答:
4

問101

任脈病証に含まれるのはどれか。

  1. 月経異常  
  2. 頭痛  
  3. 手足の麻痺  
  4. 関節腫張
解答・解説を見る
解答:
1

問102

肝の病証に含まれるのはどれか。

  1. 下痢  
  2. 動悸  
  3. 喘鳴  
  4. 頭痛
解答・解説を見る
解答:
4

問103

次の文で示す患者の病症はどれか。「顔に精気が感じられず、いつも腰がだるいという。小腹部は力がなくフワフワしている。最近、耳が聞こえにくくなった。」

  1. 肝の病証  
  2. 心の病証  
  3. 脾の病証  
  4. 腎の病証
解答・解説を見る
解答:
4

問104

湿邪について誤っている記述はどれか。

  1. 陰性の邪気である  
  2. 津液を消耗しやすい  
  3. 重く停滞する  
  4. 脾・胃をおかしやすい
解答・解説を見る
解答:
2

問105

舌診部位と臓腑との組合せで正しいのはどれか。

  1. 舌根部 ― 心  
  2. 舌辺部 ― 肺  
  3. 舌中部 ― 脾  
  4. 舌尖部 ― 腎
解答・解説を見る
解答:
3

問106

切経による実の反応はどれか。

  1. 緊張  
  2. 陥下  
  3. 不仁  
  4. 冷感
解答・解説を見る
解答:
1

問107

六部定位脈診で左手関上の部位を沈めて診る臓腑はどこか。

  1. 肝  
  2. 腎  
  3. 胆  
解答・解説を見る
解答:
1

問108

五臓五刺の方法で肺の臓に対する刺法はどれか。

  1. 関刺  
  2. 豹文刺  
  3. 合谷刺  
  4. 半刺
解答・解説を見る
解答:
4

問109

難経六十九難で心が虚してるとき、補の治療で最も適切な経穴はどれか。

  1. 少商  
  2. 少衝  
  3. 少沢  
  4. 少府
解答・解説を見る
解答:
2

問110

次の文で示す刺法はどれか。「右を病めば左を取り、左を病めば右を取る。」

  1. 輸刺  
  2. 経刺  
  3. 分刺  
  4. 巨刺
解答・解説を見る
解答:
4

問111

補瀉について誤っている記述はどれか。

  1. 吸気に刺入し呼気に抜くと補法になる    
  2. 一般的に太い鍼は瀉法になる
  3. 経絡の流れに沿って刺入すると補法になる  
  4. 速く刺入し速く抜くと瀉法になる
解答・解説を見る
解答:
1