国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1996年(平成8年)第4回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

施灸後に水疱を残す程度の火傷はどれか。

  1. 第1度  
  2. 第2度  
  3. 第3度  
  4. 第4度
解答・解説を見る
解答:
2

問152

灸療法に用いる線香の材料はどれか。

  1. クリ   
  2. マツ  
  3. ヒノキ  
  4. タブ
解答・解説を見る
解答:
4

問153

灸頭鍼について誤っている記述はどれか。

  1. 温熱刺激と機械刺激とが加わる。    
  2. 温熱刺激は主として輻射による。
  3. 温熱刺激は主として鍼体を伝導する。  
  4. 艾_【がいしゅ】は指頭大のものを用いる。
解答・解説を見る
解答:
3

問154

艾の燃焼時の芳香物質はどれか。

  1. 葉緑素  
  2. 毛茸  
  3. アルコール  
  4. チネオール
解答・解説を見る
解答:
4

問155

温灸に反応する受容器はどれか。

  1. 自由神経終末  
  2. パチニ小体  
  3. マイスナー小体  
  4. ルフィニ終末
解答・解説を見る
解答:
1

問156

施灸による火傷の反応として適切でないものはどれか。

  1. 血管拡張物質の遊離     
  2. 内因性発痛物質
  3. 侵害受容器の興奮性の減弱  
  4. 幼若白血球の増加
解答・解説を見る
解答:
3

問157

半米粒大の艾_【がいしゅ】を用いる灸法はどれか。

  1. 打膿灸  
  2. 透熱灸  
  3. 隔物灸  
  4. 温灸
解答・解説を見る
解答:
2

問158

学説と創始者との組合せで正しいのはどれか。

  1. サイバネティックスの学説 ― セリエ  
  2. ホメオスターシスの学説  ― キャノン
  3. ストレス学説       ― ベルナール      
  4. 過剰刺激症候群の学説   ― ウイナー
解答・解説を見る
解答:
2

問159

棒灸による温熱刺激の伝導速度はどれか。

  1. 1~15m/sec   
  2. 20~40m/sec  
  3. 50~80m/sec  
  4. 90~100m/sec
解答・解説を見る
解答:
1

問160

透熱灸の感覚を伝える神経線維はどれか。

  1. AβとB  
  2. AγとC  
  3. AδとC  
  4. BとC
解答・解説を見る
解答:
3