国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1996年(平成8年)第4回 はり師・きゅう師国家試験

関係法規 (問題11〜14)

問11

正しい記述はどれか。

  1. 施術所を開設したので20日以内に届け出た。  
  2. 施術所に3.3平方メートル以上の待合室を設けた。
  3. 施術者の経歴を新聞に広告した。       
  4. 医師の同意なく脱臼の患部に施術した。
解答・解説を見る
解答:
2

問12

正しい記述はどれか。

  1. 試験に合格したのですぐに業務を開始した。  
  2. 施術所の名称を胃腸病専門鍼灸院とした。
  3. 施術所に関する罰則は法人に対しても科す両罰規定である。
  4. 施術者は薬品投与の指示が出来る。
解答・解説を見る
解答:
3

問13

医療施設で誤っているのはどれか。

  1. 病院  :患者20名以上の収容施設         
  2. 総合病院:患者50名以上の収容施設
  3. 助産所 :妊産婦、じょく婦10人未満の収容施設  
  4. 診療所 :患者19人以下の収容施設
解答・解説を見る
解答:
2

問14

社会福祉の関係法規でないのはどれか。

  1. 生活保護法  
  2. 児童福祉法  
  3. 身体障害者福祉法  
  4. 優生保護法
解答・解説を見る
解答:
4