国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1996年(平成8年)第4回 はり師・きゅう師国家試験

病理学 (問題50〜56)

問50

右心室肥大をきたす疾患はどれか。

  1. 肺性心  
  2. 大動脈弁狭窄  
  3. 大動脈弁閉鎖不全  
  4. 高血圧症
解答・解説を見る
解答:
1

問51

溶血性黄疸の原因として最も適切なのはどれか。

  1. 肝炎  
  2. 胆石  
  3. 血液型不適合輸血  
  4. 先天性胆道閉塞症
解答・解説を見る
解答:
3

問52

腹水が滲出液となる疾病はどれか。

  1. 肝硬変  
  2. 右心不全  
  3. ネフローゼ症候群  
  4. 腹膜炎
解答・解説を見る
解答:
4

問53

結核結節で診られないのはどれか。

  1. リード・ステルベルグ巨細胞  
  2. 類上皮細胞  
  3. リンパ球  
  4. 乾酪壊死
解答・解説を見る
解答:
1

問54

免疫とアレルギーとに共通しない記述はどれか。

  1. 二度目の暴露によって起こる。  
  2. 特定の抗原に対して起こる。
  3. リンパ球が主役である。    
  4. 死に至る現象である。
解答・解説を見る
解答:
4

問55

腫瘍に属さないのはどれか。

  1. 腺腫  
  2. カルチノイド  
  3. 肉芽腫  
  4. ホジキン病
解答・解説を見る
解答:
3

問56

ウイルスが原因となる腫瘍はどれか。

  1. ウィルムス腫瘍  
  2. 成人T細胞白血病  
  3. 移行上皮癌  
  4. ユーイング肉腫
解答・解説を見る
解答:
2