国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1996年(平成8年)第4回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学総論 (問題57〜67)

問57

心電図検査で判定できる病態はどれか。

  1. 高尿酸血症  
  2. 耐糖能異常  
  3. 脂質異常  
  4. 電解質異常
解答・解説を見る
解答:
4

問58

呼吸器を介して感染する疾患はどれか。

  1. 風疹  
  2. A型肝炎  
  3. マラリア  
  4. 日本脳炎
解答・解説を見る
解答:
1

問59

浮腫の原因でないのはどれか。

  1. 静脈圧の上昇         
  2. 血漿浸透圧の低下
  3. 腎のナトリウム再吸収の増加  
  4. バゾプレッシンの分泌低下
解答・解説を見る
解答:
4

問60

検査と疾患との組合せで適切でないのはどれか。

  1. リウマチ因子 ― リウマチ熱       
  2. 抗核抗体   ― 全身性エリテマトーデス
  3. クームス試験 ― 自己免疫性溶血性貧血  
  4. ASO値   ― 急性糸球体腎炎
解答・解説を見る
解答:
1

問61

反射について誤っている組合せはどれか。

  1. バビンスキー反射 ― 病的反射  
  2. 膝蓋腱反射    ― 深部反射
  3. 挙睾筋反射    ― 表在反射     
  4. トレムナー反射  ― 自律神経反射
解答・解説を見る
解答:
4

問62

検査法で誤っている組合せはどれか。

  1. スパーリングテスト ― 椎間孔圧迫テスト  
  2. ブラガードサイン  ― 神経伸展テスト
  3. アレンテスト    ― 胸郭出口部圧迫テスト   
  4. ファレンテスト   ― 末梢血管圧迫テスト
解答・解説を見る
解答:
4

問63

髄膜刺激症状で誤っているのはどれか。

  1. 項部強直  
  2. ケルニッヒ徴候  
  3. トレンデレンブルグ徴候  
  4. ラセーグ徴候
解答・解説を見る
解答:
3

問64

脳神経と症状との組合せで正しいのはどれか。

  1. 動眼神経 ― アーガイル・ロバートソン徴候  
  2. 三叉神経 ― ベル麻痺
  3. 顔面神経 ― 舌萎縮             
  4. 迷走神経 ― 味覚障害
解答・解説を見る
解答:
1

問65

分回し歩行を示すのはどれか。

  1. ギラン・バレー症候群  
  2. 脳卒中  
  3. 脊髄小脳変性症  
  4. 慢性関節リウマチ
解答・解説を見る
解答:
2

問66

気道確保の方法で最も適切な記述はどれか。

  1. 頭部を前屈させる。          
  2. 顔を出来るだけ横に向ける。
  3. 頭部を後屈してオトガイを挙上する。  
  4. 口を大きく開く。
解答・解説を見る
解答:
3

問67

物理療法について誤っている記述はどれか。

  1. 低周波療法は鎮痛に用いられる。    
  2. 温熱療法を行う際には知覚障害に注意する。
  3. 間欠牽引は骨折の治療に用いられる。  
  4. 水治療法は運動療法に応用される。
解答・解説を見る
解答:
3