国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1997年(H9年)第5回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

誤っている記述はどれか。

  1. にんにく灸は隔物灸である。
  2. 知熱灸は無痕灸である。
  3. 透熱灸は有痕灸である。
  4. うるし灸は温灸である。
解答・解説を見る
解答:

問152

艾について正しい記述はどれか。

  1. 腺毛は揮発性の精油を含む。
  2. チネオールは線維様物質である。
  3. 毛茸は良質艾には含まれない。
  4. 腺毛は葉の表にある。
解答・解説を見る
解答:

問153

灸法と疾患との組み合わせで適切なのはどれか。

  1. 温灸 ― ひょう疽
  2. 透熱灸 ― 神経痛
  3. 焦灼灸 ― 面疔
  4. 打膿灸 ― うおのめ
解答・解説を見る
解答:

問154

棒灸について正しい記述はどれか。

  1. 化学的刺激として作用する。
  2. 火傷に伴う組織損傷が起こる。
  3. 受容器は自由神経終末である。
  4. 求心性神経はAα線維である。
解答・解説を見る
解答:

問155

灸法で皮膚面温度が最も低いのはどれか。

  1. 焦灼灸
  2. 知熱灸
  3. 透熱灸
  4. 打膿灸
解答・解説を見る
解答:

問156

熱により組織の破壊が起こり始める皮膚温はどれか。

  1. 30℃
  2. 40℃
  3. 50℃
  4. 60℃
解答・解説を見る
解答:

問157

施灸により最初に起こる現象はどれか。

  1. 内因性発痛物質の産生
  2. 血液凝固時間の短縮
  3. 白血球の増加
  4. C線維の興奮
解答・解説を見る
解答:

問158

施灸部の血管拡張に関与するのはどれか。

  1. 伸張反射
  2. 立毛反射
  3. 逃避反射
  4. 軸索反射
解答・解説を見る
解答:

問159

ヘッド帯の出現に関与する反射はどれか。

  1. 内臓-知覚反射
  2. 内臓-運動反射
  3. 内臓-栄養反射
  4. 内臓-自律神経反射
解答・解説を見る
解答:

問160

ストレスに対する生体反応の指標で適切な物質はどれか。

  1. 尿素
  2. クレアチニン
  3. コルチコイド
  4. ウロビリノゲン
解答・解説を見る
解答: