国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1997年(H9年)第5回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題89〜96)

問89

障害とそのアプローチとの組合せで誤っているのはどれか。

  1. 機能障害 ― 合併症の予防
  2. 機能障害 ― 装具による歩行訓練
  3. 能力低下 ― 利き手交換訓練
  4. 社会的不利 ― 家屋改造
解答・解説を見る
解答:

問90

筋収縮について正しい記述はどれか。

  1. 等張性収縮は等尺性収縮より筋持久力の増大効果がある。
  2. 等張性収縮は等尺性収縮より循環器系へ負担がかかる。
  3. 等張性収縮はギプス固定中の関節の運動に適している。
  4. 等尺性収縮は遠心性収縮と求心性収縮とに分けられる。
解答・解説を見る
解答:

問91

脳卒中患者の動作について正しい記述はどれか。

  1. 衣服を脱ぐときは健側から行う。
  2. ベッドから起きるときは患側を下にして行う。
  3. ベッドからの移乗では車椅子を患側に置く。
  4. 階段は健側から降りる。
解答・解説を見る
解答:

問92

正しい立位のとき重心線が通る身体部位で誤っているのはどれか。

  1. 肩峰
  2. 大転子
  3. 膝関節後面
  4. 外果
解答・解説を見る
解答:

問93

トレンデレンブルグ歩行の原因となる筋はどれか。

  1. 中殿筋
  2. 大殿筋
  3. 大腿四頭筋
  4. 前脛骨筋
解答・解説を見る
解答:

問94

慢性閉塞性肺疾患の理学療法で誤っているのはどれか。

  1. リラクゼーション
  2. 胸式呼吸
  3. 体位排痰
  4. 歩行訓練
解答・解説を見る
解答:

問95

脳卒中患者の合併症はどれか。

  1. けいれん
  2. 視床痛
  3. 肩手症候群
  4. 失語症
解答・解説を見る
解答:

問96

末梢神経損傷で誤っている記述はどれか。

  1. 神経伝導速度検査で異常を示す。
  2. 支配領域の発汗障害をきたす。
  3. 損傷軸索の再生時にチネル徴候がみられる。
  4. ニューラプラキシアは神経の完全切断である。
解答・解説を見る
解答: