国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1997年(H9年)第5回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題97〜111)

問97

五行の相剋で正しい記述はどれか。

  1. 金は水を剋す。
  2. 木は火を剋す。
  3. 土は金を剋す。
  4. 火は金を剋す。
解答・解説を見る
解答:

問98

五行色体の関係で正しい組合せはどれか。

  1. 木 ― 汗
  2. 火 ― 涙
  3. 土 ― 涎
  4. 金 ― 唾
解答・解説を見る
解答:

問99

脾胃の運化作用で生成される気はどれか。

  1. 真気
  2. 宗気
  3. 水穀の気
  4. 衛気
解答・解説を見る
解答:

問100

五行色体でみた肺・大腸の症状はどれか。

  1. 皮膚が色白で、弱い声で話す。
  2. 目が青みがかって、手足の腱が痛む。
  3. 顔がほてりのぼせて赤く、脈動が強い。
  4. 顔や皮膚が黄ばみ、唇が荒れやすい。
解答・解説を見る
解答:

問101

脾虚の症状はどれか。

  1. 咳嗽
  2. 内臓下垂
  3. 筋けいれん
  4. 健忘
解答・解説を見る
解答:

問102

心を傷る七情はどれか。

  1. 悲しみ
  2. 怒り
  3. 憂い
  4. 喜び
解答・解説を見る
解答:

問103

五悪(五気)と五腑との組合せで正しいのはどれか。

  1. 暑 ― 小腸
  2. 寒 ― 胃
  3. 風 ― 大腸
  4. 燥 ― 膀胱
解答・解説を見る
解答:

問104

左乳下で触れる脈波どれか。

  1. 胃の気の脈
  2. 虚里の脈
  3. 虎口三関の脈
  4. 腎間の動悸
解答・解説を見る
解答:

問105

胸脇苦満を示すのはどの臓の病か。

解答・解説を見る
解答:

問106

六部定位脈診の部位と臓腑との組合せで正しいのはどれか。

  1. 右の関上 ― 肝・胆
  2. 左の尺中 ― 腎・膀胱
  3. 右の寸口 ― 心・小腸
  4. 左の寸口 ― 肺・大腸
解答・解説を見る
解答:

問107

問診で診るのはどれか。

  1. 脈状
  2. 体臭
  3. 悪寒
  4. 体形
解答・解説を見る
解答:

問108

「寒気の浅きもの」に対する刺法はどれか。

  1. 恢刺
  2. 直鍼刺
  3. 賛刺
  4. 斉刺
解答・解説を見る
解答:

問109

難経六十九難の治療で大敦穴に瀉法を行った。実していた経絡はどれか。

  1. 肺経
  2. 心経
  3. 脾経
  4. 腎経
解答・解説を見る
解答:

問110

施灸で補法になるのはどれか。

  1. 風を送って燃やす。
  2. 底面を広くする。
  3. 灰に重ねてすえる。
  4. 皮膚に密着させる。
解答・解説を見る
解答:

問111

鍼治療の補瀉で誤っている記述はどれか。

  1. 呼気に刺入し吸気に抜くのは補である。
  2. 弾爪は補である。
  3. 鍼孔を押さえるのは補である。
  4. 経絡の流れに逆らって刺すのは補である。
解答・解説を見る
解答: