国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1998年(H10年)第6回 はり師・きゅう師国家試験

病理学 (問題50〜56)

問50

刺鍼により感染する危険のない疾患はどれか。

  1. A型肝炎
  2. B型肝炎
  3. C型肝炎
  4. エイズ
解答・解説を見る
解答:

問51

少量でも生体に強い毒性を有する金属はどれか。

  1. 水銀
  2. 亜鉛
解答・解説を見る
解答:

問52

痛風について誤っている記述はどれか。

  1. 中高年の男性に多く発症する。
  2. 蓚酸塩結晶の沈着によって起こる。
  3. 関節や腱鞘の滑膜に肉芽腫を作る。
  4. 発作性の激しい痛みを伴う。
解答・解説を見る
解答:

問53

左心室肥大をきたすのはどれか。

  1. 肺性心
  2. 僧帽弁狭窄
  3. 肺動脈弁狭窄
  4. 大動脈弁狭窄
解答・解説を見る
解答:

問54

免疫反応の特徴として適切でないのはどれか。

  1. 自己と非自己の識別
  2. 抗原の記憶
  3. 主役はBリンパ球
  4. 抗原抗体結合の特異性
解答・解説を見る
解答:

問55

腫瘍とその好発部位との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 乳頭腫 ― 膀胱
  2. 腺腫 ― 大腸
  3. 横紋筋腫 ― 子宮
  4. 脂肪腫 ― 皮下組織
解答・解説を見る
解答:

問56

遺伝する疾患はどれか。

  1. ダウン症候群
  2. 進行性筋ジストロフィー症
  3. 猫鳴き症候群
  4. アザラシ肢症
解答・解説を見る
解答: