国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1998年(H10年)第6回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

次の文で示す刺法はどれか。「刺入した鍼の鍼柄又は鍼体を鍼管で叩打し振動を与える。」

  1. 細刺術
  2. 管散術
  3. 内調術
  4. 振せん術
解答・解説を見る
解答:

問142

皮下に刺入しない手技はどれか。

  1. 管散術
  2. 雀啄術
  3. 示指打法
  4. 回旋術
解答・解説を見る
解答:

問143

撚鍼法に適した鍼尖の形状はどれか。

  1. 卵形
  2. 柳葉形
  3. ノゲ形
  4. スリオロシ形
解答・解説を見る
解答:

問144

アレルギー体質の改善を目的とする鍼の作用はどれか。

  1. 鎮静作用
  2. 誘導作用
  3. 反射作用
  4. 転調作用
解答・解説を見る
解答:

問145

皮膚のポリモーダル受容器からの求心性線維はどれか。

  1. Aα線維
  2. Aβ線維
  3. B線維
  4. C線維
解答・解説を見る
解答:

問146

刺鍼により交感神経α受容体が関与する反応で正しいのはどれか。

  1. 心拍数増加
  2. 気管支筋弛緩
  3. 唾液アミラーゼの分泌
  4. 皮膚血管収縮
解答・解説を見る
解答:

問147

内臓痛について正しい記述はどれか。

  1. 局在が明確である。
  2. 炎症時には痛みが増強する
  3. 自律神経症状を伴わない
  4. 関連痛を伴わない。
解答・解説を見る
解答:

問148

ゲートコントロール説で正しいのはどれか。

  1. 脊髄における鎮痛機序の学説
  2. 脳内モルヒネ様物質の学説
  3. 過剰刺激と自律神経との学説
  4. 発痛促進物質の学説
解答・解説を見る
解答:

問149

鍼刺激が腎機能に与える影響をみるとき指標となるのはどれか。

  1. ウロビリノーゲン排泄量
  2. ウロペプシン排泄量
  3. クレアチニン・クリアランス値
  4. ヘマトクリット値
解答・解説を見る
解答:

問150

サイバネティックスの学説で提唱されたのはどれか。

  1. ホメオスターシス
  2. フィードバック
  3. 生体の全機性
  4. 脳幹網様体賦活系
解答・解説を見る
解答: