国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1998年(H10年)第6回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

散艾について正しい記述はどれか。

  1. 切艾とも呼ばれる。
  2. 施灸時にひねって用いる。
  3. 和紙で包んだものを用いる。
  4. 良質なものは腺毛の割合が少ない。
解答・解説を見る
解答:

問152

隔物灸に通常用いる艾の特徴はどれか。

  1. 線維が細かい。
  2. 燃焼時の熱量が大きい。
  3. 湿気が多い。
  4. 手触りが良く柔らかい。
解答・解説を見る
解答:

問153

灸あたりが発生しやすい灸はどれか。

  1. 打膿灸
  2. みそ灸
  3. 知熱灸
  4. 紅灸
解答・解説を見る
解答:

問154

施灸部の化膿予防の方法で誤っている記述はどれか。

  1. 同一点に施灸する
  2. 艾を硬くひねる
  3. 艾炷を大きくする
  4. 消毒を行う
解答・解説を見る
解答:

問155

灸施術の補法で正しい記述はどれか。

  1. 艾を硬くひねる。
  2. 燃焼した灰を一回ずつ除去する。
  3. 艾炷の底面を広くする。
  4. 送風せず燃焼させる。
解答・解説を見る
解答:

問156

灸の刺激量を考慮する要因でないのはどれか。

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 職業
  4. 喫煙
解答・解説を見る
解答:

問157

灸刺激による生体反応として正しい記述はどれか。

  1. 皮膚の血管が持続的に収縮する。
  2. 白血球数が減少する。
  3. 血圧が一過性に上昇する。
  4. γグロブリンが減少する。
解答・解説を見る
解答:

問158

灸の熱刺激を伝える脊髄視床路が通る部位はどれか。

  1. 側索
  2. 後索
  3. 前角
  4. 側角
解答・解説を見る
解答:

問159

透熱灸刺激により誘発される反射はどれか。

  1. 伸張反射
  2. 体性内臓反射
  3. 頸動脈洞反射
  4. 肺迷走神経反射
解答・解説を見る
解答:

問160

ストレス学説でいう交絡感作期に該当するのはどれか。

  1. ショック期
  2. 抗ショック期
  3. 抵抗期
  4. 疲憊期
解答・解説を見る
解答: