国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1998年(H10年)第6回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題89〜96)

問89

内部障害に含まれないのはどれか。

  1. 聴覚障害
  2. 腎障害
  3. 呼吸器障害
  4. 循環器障害
解答・解説を見る
解答:

問90

弛緩性麻痺の評価で適切でないのはどれか。

  1. ブルンストロームのステージ
  2. 日常生活動作テスト
  3. 徒手筋力テスト
  4. 四肢周径の測定
解答・解説を見る
解答:

問91

正常立位姿勢のとき矢状面で人体の重心線が通過する部位として誤っているのはどれか。

  1. 乳様突起付近
  2. 第2 仙椎の少し前方
  3. 股関節の前方
  4. 膝関節の前方
解答・解説を見る
解答:

問92

歩行について誤っている記述はどれか。

  1. 1 サイクルは2 歩に相当する。
  2. 二重支持期がない場合は走行となる。
  3. 重心の軌跡はサインカーブを描く。
  4. バランスの悪い人は歩隔が狭くなる。
解答・解説を見る
解答:

問93

脳卒中の障害で誤っている記述はどれか。

  1. 多発性梗塞は痴呆の原因となる。
  2. 舌、口唇の麻痺は失語症の原因となる。
  3. 嚥下障害は肺炎の原因となる。
  4. 肩手症候群は上肢痛の原因となる。
解答・解説を見る
解答:

問94

脊髄損傷患者の排尿について誤っている記述はどれか。

  1. 脊髄排尿中枢は仙髄にある。
  2. 残尿は尿路感染の原因となる。
  3. 持続カテーテル管理を第一目標とする。
  4. 弛緩性膀胱では用手圧迫により行う。
解答・解説を見る
解答:

問95

脳性麻痺について正しい記述はどれか。

  1. 障害は1 歳ころまで現れてこない。
  2. 知的能力と機能障害とは一致しない。
  3. 呼吸障害は伴わない。
  4. 感覚障害は伴わない。
解答・解説を見る
解答:

問96

腰痛の治療について誤っている記述はどれか。

  1. 運動療法により姿勢の改善を図る。
  2. ウイリアムス体操は腰椎の伸展訓練である。
  3. 間欠牽引はマッサージ効果を期待する。
  4. 軟性コルセットは腹圧を高め症状を軽減する。
解答・解説を見る
解答: