国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1998年(H10年)第6回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題97〜111)

問97

腎の臓の作用で正しいのはどれか。

  1. 筋を主る。
  2. 血脈を主る。
  3. 運化を主る。
  4. 精を蔵す。
解答・解説を見る
解答:

問98

胆の腑の作用で正しいのはどれか。

  1. 津液の生成を主る。
  2. 大便の排泄を主る。
  3. 栄養の吸収を主る。
  4. 決断を主る。
解答・解説を見る
解答:

問99

津液について誤っているのはどれか。

  1. 脳髄を養う。
  2. 骨に潤いを与える。
  3. 皮膚に潤いを与える。
  4. 脈中を流れる。
解答・解説を見る
解答:

問100

疏泄を主る臓はどれか。

解答・解説を見る
解答:

問101

五行と五声との組合せで正しいのはどれか。

  1. 木 ― 呻
  2. 火 ― 呼
  3. 金 ― 哭
  4. 水 ― 歌
解答・解説を見る
解答:

問102

肝実証で難経六十九難に基づく治療穴はどれか。

  1. 大敦
  2. 行間
  3. 太衝
  4. 曲泉
解答・解説を見る
解答:

問103

次の文で示す病証に関係する経絡はどれか。 「頸が腫れ、肩から上腕後内側を経て小指にいたる部位の激しい痛み、難聴がある。」

  1. 手の陽明大腸経
  2. 手の太陽小腸経
  3. 手の少陰心経
  4. 手の太陰肺経
解答・解説を見る
解答:

問104

瘀血の腹証はどれか。

  1. 小腹急結
  2. 心下痞硬
  3. 胸脇苦満
  4. 小腹不仁
解答・解説を見る
解答:

問105

心の病証に属さないのはどれか。

  1. 不眠
  2. 難聴
  3. 言語障害
  4. 健忘
解答・解説を見る
解答:

問106

肝の病証に属するのはどれか。

  1. 息切れ
  2. 手足の冷え
  3. のどのつかえ
  4. 頻尿
解答・解説を見る
解答:

問107

七表の脈でないのはどれか。

  1. 浮脈
  2. 遅脈
  3. 実脈
  4. 弦脈
解答・解説を見る
解答:

問108

次の文で示す刺法はどれか。「病上にあればこれを下にとり、腑兪を刺す。」

  1. 輸刺
  2. 経刺
  3. 巨刺
  4. 遠道刺
解答・解説を見る
解答:

問109

神技(望診)で診るのはどれか。

  1. 顔色
  2. 筋硬結
  3. 呼吸音
  4. 関節痛
解答・解説を見る
解答:

問110

三陰三陽病証で往来寒熱、胸脇苦満が現れるのはどれか。

  1. 太陽病
  2. 太陰病
  3. 少陽病
  4. 少陰病
解答・解説を見る
解答:

問111

六部定位脈診で肝の臓の脈状はどこで診るか。

  1. 左手関上
  2. 左手寸口
  3. 右手関上
  4. 右手尺中
解答・解説を見る
解答: