国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1999年(H11年)第7回 はり師・きゅう師国家試験

衛生学公衆衛生学 (問題3〜10)

問3

職業病でないのはどれか。

  1. じん肺
  2. 局所振動障害
  3. 頸肩腕障害
  4. 四日市ぜんそく
解答・解説を見る
解答:

問4

水道水の消毒に使われている方法はどれか。

  1. 塩素消毒
  2. 活性炭ろ過
  3. トリハロメタン法
  4. 紫外線消毒
解答・解説を見る
解答:

問5

疾病と感染経路との組合せで誤っているのはどれか。

  1. インフルエンザ ― 飛沫感染
  2. 風疹 ― 胎盤感染
  3. 破傷風 ― 経口感染
  4. エイズ ― 性行為感染
解答・解説を見る
解答:

問6

ウイルスに対する効力が弱い消毒剤はどれか。

  1. 次亜塩素酸ソーダ
  2. 消毒用エタノール
  3. ポピヨンヨード(イソジン)
  4. グルコン酸クロルヘキシジン(ヒビテン)
解答・解説を見る
解答:

問7

紫外線消毒の対象として適切でないのはどれか。

  1. 患者の皮膚
  2. 生鮮食料品
  3. シーツ
解答・解説を見る
解答:

問8

最近の我が国の衛生統計で誤っている記述はどれか。

  1. 乳児死亡率は世界最低水準にある。
  2. 女性の平均寿命は80 歳を超えている。
  3. 人口は減少しつつある。
  4. 都市人口は50%を超えている。
解答・解説を見る
解答:

問9

我が国の老年人口の現状で誤っているのはどれか。

  1. 老衰死亡率の増加
  2. 寝たきり老人の増加
  3. 単独世帯の増加
  4. 痴呆老人の増加
解答・解説を見る
解答:

問10

医療従事者数で最も多いのはどれか。

  1. 医師
  2. 看護婦(士)
  3. 按摩マッサージ指圧師
  4. はり師・きゅう師
解答・解説を見る
解答: