国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1999年(H11年)第7回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

小児鍼に相当する古代九鍼はどれか。

  1. 鋒鍼
  2. 円鍼
  3. 員利鍼
  4. 毫鍼
解答・解説を見る
解答:

問142

細刺術と管散術とに共通するのはどれか。

  1. 鍼管を使用する。
  2. 刺抜を繰り返す。
  3. 鍼に振動を与える。
  4. 鍼を皮下に刺入する。
解答・解説を見る
解答:

問143

呼気に刺入し、吸気で止めるのはどれか。

  1. 振せん術
  2. 内調術
  3. 随鍼術
  4. 屋漏術
解答・解説を見る
解答:

問144

抜鍼困難を起こしやすい刺法はどれか。

  1. 示指打法
  2. 置鍼術
  3. 回旋術
  4. 副刺激術
解答・解説を見る
解答:

問145

押手について誤っているのはどれか。

  1. 刺鍼部を固定する。
  2. 刺入速度を調節する。
  3. 皮膚の緊張度を調節する。
  4. 鍼体を保持する。
解答・解説を見る
解答:

問146

返し鍼を行う場合はどれか。

  1. 脳貧血
  2. 折鍼
  3. 抜鍼困難
  4. 気胸
解答・解説を見る
解答:

問147

次のうち刺鍼により一番早く起こる現象はどれか。

  1. 刺鍼刺激の認知
  2. 後角細胞の興奮
  3. 自律神経の興奮
  4. 痛覚閾値の低下
解答・解説を見る
解答:

問148

内因性鎮痛物質が作用する受容体はどれか。

  1. ムスカリン様受容体
  2. オピオイド受容体
  3. ニコチン様受容体
  4. ノルアドレナリン受容体
解答・解説を見る
解答:

問149

血管収縮作用をもつ物質はどれか。

  1. ヒスタミン
  2. ブラジキニン
  3. アデノシン
  4. セロトニン
解答・解説を見る
解答:

問150

痛覚を抑制する生体機構でないのはどれか。

  1. オピオイドの産生
  2. 脊髄膠様質細胞(SG細胞)
  3. 下行性抑制系
  4. レニン・アンジオテンシン系
解答・解説を見る
解答: