国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1999年(H11年)第7回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

次の文で示す灸法はどれか。 「母指と示指で艾炷【がいしゅ】を覆い、ゆっくり八分目で消火する。」

  1. 焦灼灸
  2. 打膿灸
  3. 知熱灸
  4. 透熱灸
解答・解説を見る
解答:

問152

棒灸と灸頭鍼とに共通するのはどれか。

  1. 良質艾を用いる。
  2. 輻射熱を利用する。
  3. 第2 度の熱傷が起こる。
  4. 機械的刺激が加わる。
解答・解説を見る
解答:

問153

灸法と避けるべき部位との組合せで正しいのはどれか。

  1. 焦灼灸 ― 足部
  2. 打膿灸 ― 肩甲間部
  3. 隔物灸 ― 臍部
  4. 透熱灸 ― 顔面部
解答・解説を見る
解答:

問154

艾の燃焼について正しい記述はどれか。

  1. 良質艾は燃焼時間が短い。
  2. 良質艾は燃焼温度が高い。
  3. 軟らかい艾炷は燃焼温度が高い。
  4. 送風すると燃焼時間は長くなる。
解答・解説を見る
解答:

問155

焦灼灸の目的はどれか。

  1. 灸痕の化膿
  2. 血管収縮の持続
  3. 第1 度の熱傷
  4. 組織の破壊
解答・解説を見る
解答:

問156

糖尿病態者に適した灸はどれか。

  1. 打膿灸
  2. 隔物灸
  3. 焦灼灸
  4. うるし灸
解答・解説を見る
解答:

問157

灸あたりで起こる発熱に関与する脳の部位はどれか。

  1. 大脳皮質
  2. 大脳基底核
  3. 視 床
  4. 視床下部
解答・解説を見る
解答:

問158

温度感覚について正しい記述はどれか。

  1. 受容器はルフィニ終末(小体)である。
  2. 順応しない。
  3. 伝導路は後索路である。
  4. 50℃では痛覚を伴う。
解答・解説を見る
解答:

問159

施灸による軸索反射で正しい記述はどれか。

  1. 反射中枢は脊髄である。
  2. 近傍の血管は収縮する。
  3. シナプスを経由しない。
  4. B線維の興奮による。
解答・解説を見る
解答:

問160

レイリー現象で次に示す文に該当するのはどれか。 「過剰刺激であればいかなる種類の刺激でも障害が起こる。」

  1. 非特異性
  2. 非恒常性
  3. 障害の拡散
  4. 血管運動性の障害
解答・解説を見る
解答: