国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1999年(H11年)第7回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題89〜96)

問89

障害のうち能力低下への対応で誤っているのはどれか。

  1. 車椅子処方
  2. ADL訓練
  3. 利き手交換
  4. 家屋改造
解答・解説を見る
解答:

問90

障害の評価の目的で適切でないのはどれか。

  1. 疾患原因の検討
  2. 障害原因の検討
  3. 治療目標の設定
  4. 治療方法の検討
解答・解説を見る
解答:

問91

効率の良い歩き方の特徴はどれか。

  1. 立脚中期で膝関節は屈曲しない。
  2. 重心は水平に移動する。
  3. 骨盤は左右に移動する。
  4. 骨盤は回旋しない。
解答・解説を見る
解答:

問92

日常生活動作として適切でないのはどれか。

  1. 歩 行
  2. 買 物
  3. 食 事
  4. 更 衣
解答・解説を見る
解答:

問93

脳卒中の回復に関して誤っている記述はどれか。

  1. ブルンストロームのステージに従って回復する。
  2. 発症後6 か月ころから回復が著明となる。
  3. 上肢の回復予後は一般に悪い。
  4. ホームプログラムは機能維持に有用である。
解答・解説を見る
解答:

問94

下肢の切断について誤っている記述はどれか。

  1. 循環障害に起因する切断は減少している。
  2. 拘縮の予防に伏臥位をとらせる。
  3. 断端浮腫に対して弾性包帯をまく。
  4. 幻肢は失われた部位が残っている感覚である。
解答・解説を見る
解答:

問95

C6 損傷(第7 頸髄節以下の損傷)の患者ができない動作はどれか。

  1. 寝返り動作
  2. 坐位保持
  3. 移乗動作
  4. 起立動作
解答・解説を見る
解答:

問96

慢性閉塞性肺疾患のリハビリテーションで適切でないのはどれか。

  1. 気道の清浄化
  2. 胸郭のストレッチ
  3. 呼吸補助筋を使った呼吸
  4. 口すぼめ呼吸訓練
解答・解説を見る
解答: