国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2000年(H12年)第8回 はり師・きゅう師国家試験

病理学 (問題50〜56)

問50

熱傷による作用として誤っているのはどれか。

  1. タンパク質の凝固
  2. 細胞膜の崩壊
  3. 酵素の活性化障害
  4. DNAの溶解
解答・解説を見る
解答:

問51

肺の脂肪塞栓症の原因とならないのどれか。

  1. 早期胎盤剥離
  2. 大腿骨骨折
  3. 肥満体の腹部手術
  4. 交通事故による挫滅
解答・解説を見る
解答:

問52

糖尿病の合併症の中で細小血管障害によらないのはどれか。

  1. 腎症
  2. 白内障
  3. 網膜症
  4. ニューロパチー
解答・解説を見る
解答:

問53

結核菌について誤っている記述はどれか。

  1. 結核菌に感染した者はすべて発症する。
  2. 幼児と老人の結核は全身散布されやすい。
  3. 結核菌はマクロファージ内でも分裂増殖する。
  4. 結核菌に対する免疫反応はTリンパ球が主体である。
解答・解説を見る
解答:

問54

エイズについて正しい記述はどれか。

  1. 飛沫感染する。
  2. 病原体はヘルペスウイルスである。
  3. 好中球の極度の減少が主な病変である。
  4. 死因は日和見感染が主である。
解答・解説を見る
解答:

問55

瘢痕組織の主体を占めるのはどれか。

  1. 毛細血管
  2. 膠原線維
  3. 遊走細胞
  4. 再生上皮
解答・解説を見る
解答:

問56

腫瘍の間質について誤っている記述はどれか。

  1. 肝細胞癌の間質は毛細血管からなる。
  2. 硬性癌には膠原線維が多い。
  3. 肉腫では腫瘍細胞と間質の境界が明瞭である。
  4. 浸潤性発育を示すのは悪性腫瘍である。
解答・解説を見る
解答: