国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2000年(H12年)第8回 はり師・きゅう師国家試験

関係法規 (問題11〜14)

問11

身体障害者福祉法について正しい組合せはどれか。

  1. 対象年齢 ― 18 歳以上
  2. 市町村 ― 身体障害者手帳の交付
  3. 都道府県 ― 身体障害者援護の実施
  4. 保健所 ― 更生相談
解答・解説を見る
解答:

問12

施術所について正しいのはどれか。

  1. 開設予定日の10 日前までに届け出る
  2. 東京はり科治療院という名称を使用する。
  3. 6.6 平方メートル以上の専用の施術室を有する。
  4. 休止後の再開は30 日以内に届け出る。
解答・解説を見る
解答:

問13

医療行為と医療従事者との組合せで正しいのはどれか。

  1. エックス線撮影 ― はり師、きゅう師
  2. 歯石除去 ― 歯科衛生士
  3. 外科手術 ― 救急救命士
  4. 処方せんなしでの調剤 ― 薬剤師
解答・解説を見る
解答:

問14

はり師、きゅう師の資格要件で欠格事由でないのはどれか。

  1. 外国国籍の者
  2. 大麻常習者
  3. 開放性結核にかかっている者
  4. 無免許施術者
解答・解説を見る
解答: