国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2000年(H12年)第8回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題89〜96)

問89

社会的不利について正しい記述はどれか。

  1. 一人で服を着替えることができない。
  2. 麻痺のため手が動かない。
  3. 車椅子の操作ができない。
  4. 段差があり車椅子で公園に入れない。
解答・解説を見る
解答:

問90

股関節について誤っている記述はどれか。

  1. 大腿骨頭の約2/3 は寛骨臼の中にある。
  2. 正常の頸体角は約120-130 度である。
  3. ハムストリングスは屈曲に作用する。
  4. 屈曲角度は膝の伸展時より屈曲時の方が大きい。
解答・解説を見る
解答:

問91

正常歩行において遊脚期に活動がみられない筋はどれか。

  1. 前脛骨筋
  2. ヒラメ筋
  3. 大腿四頭筋
  4. 腸腰筋
解答・解説を見る
解答:

問92

関節可動域測定で誤っている記述はどれか。

  1. 肩の屈曲は肩峰を通る床への垂直線を基本軸とする。
  2. 手関節の屈曲は橈骨と第5 中手骨との角度を測る。
  3. 股関節の外転は大腿中央線を移動軸とする。
  4. 膝の屈曲は大腿骨と腓骨との角度を測る。
解答・解説を見る
解答:

問93

脳卒中片麻痺患者リハビリテーションについて誤っている記述はどれか。

  1. 家屋の構造を知る必要がある。
  2. 介助の軽減は目的の一つとなる。
  3. 発症後6 か月で完結させる。
  4. 弛緩性麻痺の期間が長いと到達レベルは低い。
解答・解説を見る
解答:

問94

脊髄損傷の理学療法で誤っているのはどれか。

  1. 1 日2 回の体位変換を行う。
  2. 呼吸訓練を行う。
  3. 褥創予防にプッシュアップを行う。
  4. 下位腰髄損傷では実用的な歩行を目指す。
解答・解説を見る
解答:

問95

末梢神経損傷におけるリハビリテーションとその目的との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 関節可動域訓練 ― 拘縮の予防
  2. 自動介助運動 ― 筋の再教育
  3. 装具の装着 ― 変形の予防
  4. 自助具の使用 ― 筋力の強化
解答・解説を見る
解答:

問96

心疾患における運動強度の指標として適切でないのはどれか。

  1. 6 分間歩行テスト
  2. メッツ(METS)
  3. 脈拍数
  4. 血圧
解答・解説を見る
解答: