国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2001年(H13年)第9回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

金鍼の特徴はどれか。

  1. 弾力性が小さい。
  2. 通電に適する。
  3. 刺入痛が出やすい。
  4. 酸化しにくい。
解答・解説を見る
解答:

問142

切皮後に鍼管を用いて刺激を与える方法でないのはどれか。

  1. 副刺激術
  2. 示指打法
  3. 管散術
  4. 内調術
解答・解説を見る
解答:

問143

弾入を繰り返すのはどれか。

  1. 屋漏術
  2. 随鍼術
  3. 間歇術
  4. 細刺術
解答・解説を見る
解答:

問144

現行の鍼で古代九鍼と同名のものはどれか。

  1. 毫鍼
  2. 三稜鍼
  3. 円皮鍼
  4. 皮内鍼
解答・解説を見る
解答:

問145

鍼の副作用と対策との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 脳貧血 - 返し鍼
  2. 刺鍼後の違和感 - 後揉法
  3. 内出血 - 迎え鍼
  4. 抜鍼困難 - 示指打法
解答・解説を見る
解答:

問146

ディスポーザブル鍼の滅菌に用いられるのはどれか。

  1. エタノール
  2. ホルマリン
  3. エチレンオキサイド
  4. グルタールアルデヒド
解答・解説を見る
解答:

問147

鍼刺激が迷走神経に及ぼす影響をみる場合に適切でない臓器はどれか。

  1. 心臓
  2. 膵臓
  3. 小腸
  4. 膀胱
解答・解説を見る
解答:

問148

刺鍼による血流改善のメカニズムに関与するのはどれか。

  1. 軸索反射
  2. 屈曲反射
  3. 伸張反射
  4. 内臓-内臓反射
解答・解説を見る
解答:

問149

内因性オピオイドが関与するのはどれか。

  1. ナトリウムポンプ
  2. TCA サイクル
  3. レニン・アンジオテンシン系
  4. 下行性抑制系
解答・解説を見る
解答:

問150

ストレス学説で交絡抵抗が現れる時期はどれか。

  1. ショック期
  2. 抗ショック期
  3. 抵抗期
  4. 疲憊期
解答・解説を見る
解答: