国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2001年(H13年)第9回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

灸法でともに灸痕を残さないのはどれか。

  1. 温灸と焦灼灸
  2. 灸頭鍼と弘法の灸
  3. 生姜灸と棒灸
  4. 知熱灸と透熱灸
解答・解説を見る
解答:

問152

打膿灸について誤っているのはどれか。

  1. 灸あたりを起こしやすい
  2. 指頭大の艾炷を用いる
  3. 高齢の虚弱者に適する
  4. 背腰部に施灸する。
解答・解説を見る
解答:

問153

艾の燃焼時間が長くなるのはどれか。

  1. 送風する。
  2. 硬くひねる。
  3. 艾炷を小さくする。
  4. 良質の艾を使用する。
解答・解説を見る
解答:

問154

温熱刺激を与えない灸法はどれか。

  1. ビワの葉灸
  2. 紅灸
  3. 生姜灸
  4. ニンニク灸
解答・解説を見る
解答:

問155

有痕灸施灸時の注意事項で適切でないのはどれか。

  1. 正しく同一点に施灸する。
  2. 施灸部を消毒する。
  3. 拍動部には強刺激を与える。
  4. 刺激過多を防ぐ。
解答・解説を見る
解答:

問156

灸施術の防衛作用に関係するとされているのはどれか。

  1. 網内系
  2. 脳幹網様体賦活系
  3. 大脳辺緑系
  4. 下行性抑制系
解答・解説を見る
解答:

問157

灸刺激の作用で正しいのはどれか。

  1. 白血球数の増加
  2. 赤血球数の減少
  3. 血液凝固時間の延長
  4. 血小板数の減少
解答・解説を見る
解答:

問158

透熱灸による熱痛覚を伝える神経線維はどれか。

  1. Aα線維
  2. Aβ線維
  3. B 線維
  4. C 線維
解答・解説を見る
解答:

問159

内因性オピオイドとナロキソンとが結合する受容体はどれか。

  1. ヒスタミン受容体
  2. モルヒネ受容体
  3. ドパミン受容体
  4. セロトニン受容体
解答・解説を見る
解答:

問160

施灸局所で産生されないのはどれか。

  1. キニン類
  2. ヒスタミン
  3. プロスタグランジン
  4. 糖質コルチコイド
解答・解説を見る
解答: