国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2001年(H13年)第9回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題89〜96)

問89

内部障害はどれか。

  1. 視覚障害
  2. 聴覚言語障害
  3. 肢体不自由
  4. 膀胱直腸障害
解答・解説を見る
解答:

問90

手根管を通過しないのはどれか。

  1. 浅指屈筋腱
  2. 深指屈筋腱
  3. 正中神経
  4. 尺骨神経
解答・解説を見る
解答:

問91

正常歩行周期について誤っている記述はどれか。

  1. 立脚期と遊脚期の比率は6 対4 である。
  2. 重心が最も低くなるのは立脚中期である。
  3. 骨盤の回旋は重心の上下動を小さくする。
  4. 一側の膝関節は屈曲と伸展をそれぞれ2 回行う。
解答・解説を見る
解答:

問92

片麻痺の理学療法で正しい記述はどれか。

  1. マット上で膝立ち訓練を行う。
  2. 立位保持は膝の過伸展を利用する。
  3. 杖歩行では杖の次に健側下肢を前に出す。
  4. 浴槽へは患側下肢から入る。
解答・解説を見る
解答:

問93

脳性麻痺について正しい記述はどれか。

  1. 痙直型は腱反射が低下する。
  2. アテトーゼ型は不随意運動がみられない。
  3. 失調型は平衡機能が保たれる。
  4. 弛緩型は抗重力姿勢が保てない。
解答・解説を見る
解答:

問94

頸髄損傷患者の障害でないのはどれか。

  1. 四肢麻痺
  2. 失禁
  3. 嚥下障害
  4. 肺活量低下
解答・解説を見る
解答:

問95

慢性関節リウマチの理学療法で適切でない記述はどれか。

  1. 全身訓練により呼吸運動の維持を図る。
  2. 関節可動域訓練は愛護的に行う。
  3. 筋力維持増強訓練は他動運動を中心に行う。
  4. 疼痛を軽減する目的でホットパックを用いる。
解答・解説を見る
解答:

問96

変形性膝関節症について誤っている記述はどれか。

  1. 肥満は悪化要因になる。
  2. 進行すると外反変形を生じやすい。
  3. 大腿四頭筋の徒手抵抗運動を行う。
  4. 側方不安定性には装具を用いる。
解答・解説を見る
解答: