国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2001年(H13年)第9回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学各論 (問題69〜88)

問69

症状と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 血尿 - 腎結石症
  2. 頻尿 - 膀胱炎
  3. 無尿 - 前立腺肥大症
  4. 多尿 - 尿崩症
解答・解説を見る
解答:

問70

マイコプラズマ肺炎

  1. ウイルス性の疾患である。
  2. 水痘様の発疹が出る。
  3. 頑固な咳を伴う。
  4. 成人に感染しない。
解答・解説を見る
解答:

問71

感染症で誤っている記述はどれか。

  1. 単純性疱疹は再発する。
  2. 腸炎ビブリオ食中毒の潜伏期は数日間である。
  3. カリニ肺炎はエイズに合併する。
  4. 伝染性単核症では頸部リンパ節が腫脹する。
解答・解説を見る
解答:

問72

筋緊張性ジストロフィーの症状で誤っているのはどれか。

  1. 筋トーヌスの亢進
  2. ミオトニア
  3. 性腺萎縮
  4. 白内障
解答・解説を見る
解答:

問73

疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。

  1. 単純ヘルペス脳炎 - 側頭葉症状
  2. ポリオ - 痙性単麻痺
  3. 脊髄癆 - 膝蓋腱反射亢進
  4. 髄膜炎 - ロンベルグ徴候
解答・解説を見る
解答:

問74

心房細動に合併しやすい脳血管障害はどれか。

  1. 脳血栓症
  2. 脳塞栓症
  3. 脳出血
  4. くも膜下出血
解答・解説を見る
解答:

問75

うつ病の症状でないのはどれか。

  1. 知能障害
  2. 不眠
  3. 意欲の欠如
  4. 自殺念慮
解答・解説を見る
解答:

問76

熱傷について誤っている記述はどれか。

  1. 第1 度は表皮のみの損傷である。
  2. 第2 度では水疱を生じる。
  3. 第3 度では皮膚移植が必要となる。
  4. 低温熱傷は治りやすい。
解答・解説を見る
解答:

問77

膠原病でないのはどれか。

  1. 痛風
  2. 全身性エリテマトーデス
  3. 慢性関節リウマチ
  4. 皮膚筋炎
解答・解説を見る
解答:

問78

う歯の要因でないのはどれか。

  1. 口腔内細菌
  2. 食物
  3. 歯の質
  4. 年齢
解答・解説を見る
解答:

問79

先天性股関節脱臼について誤っている記述はどれか。

  1. 女児に多い
  2. オルトラニー徴候を認める。
  3. 大腿内側皮膚溝は非対称となる。
  4. 幼児期には腰椎後弯を認める。
解答・解説を見る
解答:

問80

A 型肝炎について誤っているのはどれか。

  1. ワクチンにより予防できる。
  2. 集団発生を起こす。
  3. 劇症化しやすい。
  4. 経口感染する。
解答・解説を見る
解答:

問81

低カリウム血症の症状でないのはどれか。

  1. 腱反射亢進
  2. 四肢麻痺
  3. 腹部膨満
  4. 脱力感
解答・解説を見る
解答:

問82

性行為感染症でないのはどれか。

  1. 梅毒
  2. 副睾丸結核
  3. クラミジア感染症
  4. 淋病
解答・解説を見る
解答:

問83

症状とその軽減体位との組合せで誤っているのはどれか。

  1. うっ血性心不全 - 起坐位
  2. 一側性気胸 - 患側上位の側臥位
  3. 一側性胸水 - 健側上位の側臥位
  4. 腹痛 - 仰臥位
解答・解説を見る
解答:

問84

突発性難聴で誤っているのはどれか。

  1. 突然に発症する。
  2. 感音難聴である。
  3. 耳鳴りを伴う。
  4. 顔面神経麻痺を伴う。
解答・解説を見る
解答:

問85

子宮癌で正しい記述はどれか。

  1. 頸癌よりも体癌が多い。
  2. 初発症状は腰痛が多い。
  3. 組織診断が重要である。
  4. ホルモン療法が第一選択である。
解答・解説を見る
解答:

問86

脊椎麻酔で手術が可能な骨折の部位はどれか。

  1. 鎖骨
  2. 上腕骨
  3. 肋骨
  4. 大腿骨
解答・解説を見る
解答:

問87

3-3-9 度方式で、大声で呼びかけると開眼する意識状態はどれか。

  1. 3
  2. 10
  3. 20
  4. 30
解答・解説を見る
解答:

問88

感染が原因でない疾患はどれか。

  1. 化膿性骨髄炎
  2. 大動脈炎症候群
  3. ひょう疽
  4. よう
解答・解説を見る
解答: