国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2001年(H13年)第9回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題97〜111)

問97

肺の生理作用はどれか。

  1. 疏泄
  2. 統血
  3. 宣散
  4. 納気
解答・解説を見る
解答:

問98

五臓と五味との組合せで正しいのはどれか。

  1. 肝 - 辛
  2. 心 - 酸
  3. 脾 - 甘
  4. 肺 - 苦
解答・解説を見る
解答:

問99

五臓の相生関係で正しい記述はどれか。

  1. 肝は肺の子である。
  2. 脾は心の母である。
  3. 肺は心の子である。
  4. 腎は肝の母である。
解答・解説を見る
解答:

問100

次の文で示す病証を呈する経絡はどれか。「前胸部から心下部への圧迫感、腹部膨満感があり、 下肢内側の腫れと痛み、足の母指の麻痺がある。」

  1. 足の太陰脾経
  2. 足の太陽膀胱経
  3. 足の陽明胃経
  4. 足の少陽胆経
解答・解説を見る
解答:

問101

次の病証を示す臓腑はどれか。「発育の遅れ、難聴、不眠、内臓下垂」

解答・解説を見る
解答:

問102

熱証の特徴でないのはどれか。

  1. 発汗
  2. 動悸
  3. 下痢
  4. 口渇
解答・解説を見る
解答:

問103

病因についての記述で適切でないのはどれか。

  1. 房事過多は腎をおかしやすい。
  2. 湿邪は心をおかしやすい。
  3. 飲食労倦は脾をおかしやすい。
  4. 風邪は肝をおかしやすい。
解答・解説を見る
解答:

問104

腹診で誤っている記述はどれか。

  1. 胸脇苦満は心実証でみられる。
  2. 五臓診では肝の状態は臍の左側で診る。
  3. 上実下虚の腹は脾実腎虚にみられる。
  4. 天枢穴では大腸の異常を診る。
解答・解説を見る
解答:

問105

九道の脈はどれか。

  1. 細脈
  2. 浮脈
  3. 弦脈
  4. 遅脈
解答・解説を見る
解答:

問106

八綱のうち病証を総括するのはどれか。

  1. 陰陽
  2. 虚実
  3. 寒熱
  4. 表裏
解答・解説を見る
解答:

問107

脈についての記述で誤っているのはどれか。

  1. 臍下丹田の動悸で先天の原気を診る。
  2. 虚里の動で腎の働きを診る。
  3. 四季の移り変わりに応じて変動する。
  4. 祖脈は脈状の基本である。
解答・解説を見る
解答:

問108

五臓五刺で心に応ずる刺法はどれか。

  1. 合谷刺
  2. 半刺
  3. 豹文刺
  4. 輸刺
解答・解説を見る
解答:

問109

迎随の補瀉で瀉法となるのはどれか。

  1. 太白穴に踵の方向に向けて刺す。
  2. 復溜穴に足関節の方向に向けて刺す。
  3. 経渠穴に手関節の方向に向けて刺す。
  4. 陽池穴に肘関節の方向に向けて刺す。
解答・解説を見る
解答:

問110

陰陽の邪気を出し、水穀の気の循りを良くする刺法はどれか。

  1. 十二刺
  2. 九刺
  3. 五刺
  4. 三刺
解答・解説を見る
解答:

問111

難経六十九難で太淵と太白に補法を行うのはどれか。

  1. 肝虚証
  2. 心虚証
  3. 脾虚証
  4. 肺虚証
解答・解説を見る
解答: