国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2002年(H14年)第10回 はり師・きゅう師国家試験

衛生学公衆衛生学 (問題3〜10)

問3

公衆衛生的活動でないのはどれか。

  1. 健康増進
  2. 疾病予防
  3. 疾病の早期発見
  4. 治療薬の開発
解答・解説を見る
解答:

問4

喫煙が危険因子となる疾患はどれか。

  1. 結腸癌
  2. 食道癌
  3. 乳癌
  4. 白血病
解答・解説を見る
解答:

問5

疾患と危険因子との組み合わせで正しいのはどれか。

  1. コレラ ― アルコール飲料
  2. 脚気 ― 肥満
  3. 水俣病 ― 有機水銀
  4. 先天奇形 ― カドミウム
解答・解説を見る
解答:

問6

好気性菌を用いる下水処理はどれか。

  1. 触媒法
  2. 土壌脱臭法
  3. 吸着法
  4. 活性汚泥法
解答・解説を見る
解答:

問7

衣服の衛生的条件の組み合わせで誤っているのはどれか。

  1. 体温の調節 ― 通気性の高い材料
  2. 皮膚の清潔 ― 吸水性の高い下着保持
  3. 身体の活動 ― 伸縮性のある材料
  4. 身体の保護 ― 弾力性のある材料
解答・解説を見る
解答:

問8

公害の特徴でないのはどれか。

  1. 生活環境が汚染される。
  2. 人為的災害である。
  3. 被害は短期間で終息する。
  4. 生態系への影響がある。
解答・解説を見る
解答:

問9

新興感染症はどれか。

  1. 結核
  2. エイズ
  3. コレラ
  4. マラリア
解答・解説を見る
解答:

問10

消毒液とその対象との組み合わせで正しいのはどれか。

  1. 消毒用エタノール ― 排泄物
  2. グルコン酸クロルヘキシジン ― 手指
  3. オキシドール ― 金属器具
  4. ヨードチンキ ― 白衣
解答・解説を見る
解答: