国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2002年(H14年)第10回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

押し手の圧で周囲圧に相当するのはどれか。

  1. 持続圧
  2. 水平圧
  3. 垂直圧
  4. 固定圧
解答・解説を見る
解答:

問142

弾入動作を用いて刺激を与える手技でないのはどれか。

  1. 副刺激術
  2. 細指術
  3. 管散術
  4. 示指打法
解答・解説を見る
解答:

問143

管鍼法に適した鍼尖の形状はどれか。

  1. 松葉形
  2. 卵 形
  3. ノゲ形
  4. スリオロシ形
解答・解説を見る
解答:

問144

前揉法の目的で適切でないのはどれか。

  1. 刺鍼を予告する。
  2. 精神的緊張をとる。
  3. 筋肉を弛緩させる。
  4. 出血を防止する。
解答・解説を見る
解答:

問145

刺激時間が最も長い鍼法はどれか。

  1. 散鍼法
  2. 小児鍼法
  3. 皮内鍼法
  4. 鍼通電法
解答・解説を見る
解答:

問146

ポリモ―ダル受容器からの求心性神経線維の特徴で誤っているのはどれか。

  1. 疼くような痛みを伝える。
  2. 振動感覚を伝える。
  3. 伝導速度が遅い。
  4. 細い神経線維である。
解答・解説を見る
解答:

問147

内因性オピオイドによる鎮痛効果の特徴で正しいのはどれか。

  1. 下行性抑制系の賦活
  2. 発痛物質の生成抑制
  3. ナロキソンによる効果の増強
  4. 脊髄後角での疼痛閾値の低下
解答・解説を見る
解答:

問148

鍼刺激の影響をみるとき、尿中ウロビリン体量が指標となる臓器はどれか。

  1. 心臓
  2. 膵臓
  3. 肝臓
解答・解説を見る
解答:

問149

鍼鎮痛に関与しないのはどれか。

  1. オピエ―ト受容体
  2. ポリモ―ダル受容器
  3. カルシトニン
  4. エンドルフィン
解答・解説を見る
解答:

問150

交感神経―アドレナリン系を中心として説明したのはどれか。

  1. サイバネティックス
  2. 緊急反応
  3. 過剰刺激症候群
  4. 汎適応症侯群
解答・解説を見る
解答: