国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2002年(H14年)第10回 はり師・きゅう師国家試験

経絡経穴概論 (問題112〜124)

問112

骨度法において1 尺2 寸でないのはどれか。

  1. 前髪際から後髪際まで
  2. 腋窩から第11 肋骨先端まで
  3. 胸骨体下端から恥骨結合上際まで
  4. 足の長さ
解答・解説を見る
解答:

問113

至陰穴で脈気を受けて始まる経絡はどれか。

  1. 足の太陽膀胱経
  2. 足の陽明胃経
  3. 足の少陰腎経選択
  4. 足の太陰脾経
解答・解説を見る
解答:

問114

気血の循行で誤っているのはどれか。

  1. 手の太陽小腸経から足の太陽膀胱経へ
  2. 足の厥陰肝経から手の太陰肺経へ
  3. 手の陽明大腸経から足の陽明胃経へ
  4. 足の少陽胆経から手の少陽三焦経へ
解答・解説を見る
解答:

問115

取穴法で誤っているのはどれか。

  1. 復溜は太谿の上方2 寸に取る。
  2. 飛陽は崑崙の上方7 寸に取る。
  3. 通里は神門の上方1 寸に取る。
  4. 外関は陽池の上方3 寸にとる。
解答・解説を見る
解答:

問116

上腕骨外側上顆の前にある経穴はどれか。

  1. 曲 沢
  2. 天 井
  3. 曲 池
  4. 少 海
解答・解説を見る
解答:
3

問117

浅側頭動脈拍動部にある経穴はどれか。

  1. 完 骨
  2. 瞳子髎
  3. 大 迎
  4. 和 髎
解答・解説を見る
解答:

問118

小児斜差の灸に用いる経穴はどれか。

  1. 肺兪
  2. 膈兪
  3. 肝兪
  4. 腎兪
解答・解説を見る
解答:

問119

取穴法で誤っているのはどれか。

  1. 腹哀は大横の上方3 寸に取る。
  2. 不容は天枢の上方5 寸に取る。
  3. 幽門は肓兪の上方6 寸に取る。
  4. 鳩尾は神闕の上方7 寸に取る。
解答・解説を見る
解答:

問120

膝関節より上方にある郄穴はどれか。

  1. 地機
  2. 梁丘
  3. 中都
  4. 外丘
解答・解説を見る
解答:

問121

原穴のうち八会穴はどれか。

  1. 太 淵
  2. 太 衝
  3. 衝 陽
  4. 合 谷
解答・解説を見る
解答:

問122

足の部位と経穴との組合せで正しいのはどれか。

  1. 母指外側爪甲根部 ― 隠白
  2. 第2 指外側爪甲根部 ― 厲兌
  3. 第4 指外側爪甲根部 ― 大敦
  4. 小指外側爪甲根部 ― 足竅陰
解答・解説を見る
解答:

問123

五行穴のうち合土穴はどれか。

  1. 足三里
  2. 陰陵泉
  3. 中 封
  4. 足臨泣
解答・解説を見る
解答:

問124

取穴法で誤っているのはどれか。

  1. 環跳は股関節を屈して、その横紋の外端にとる。
  2. 陰谷は膝関節を屈して、その横紋の外端に取る。
  3. 肩髃は肩関節を外方に挙げ、肩峰外端と上腕骨頭との間の前方陥凹部に取る。
  4. 尺沢は肘関節を軽度に屈して、その横紋上で上腕二頭筋腱の外側に取る。
解答・解説を見る
解答: