国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2002年(H14年)第10回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

毛茸について正しい記述はどれか。

  1. 緑色の毛である。
  2. 良質艾は毛茸が少ない。
  3. 艾の夾雑物の一つである。
  4. ヨモギの葉の裏面に密生する。
解答・解説を見る
解答:

問152

小切艾の大きさに相当するのはどれか。

  1. 糸状大
  2. 米粒大
  3. えんどう大
  4. 母指頭大
解答・解説を見る
解答:

問153

隔物灸はどれか。

  1. 油 灸
  2. 塩 灸
  3. うるし灸
  4. 紅 灸
解答・解説を見る
解答:

問154

温熱刺激を受ける体表面積が最も狭い灸法はどれか。

  1. 棒 灸
  2. 透熱灸
  3. 塩 灸
  4. 打膿灸
解答・解説を見る
解答:

問155

次のうち使用する艾の質が他と異なるのはどれか。

  1. 打膿灸
  2. 透熱灸
  3. 焦灼灸
  4. 隔物灸
解答・解説を見る
解答:
2,4

問156

灸施術で瀉法になるのはどれか。

  1. 風を送って燃焼させる。
  2. 灰の上に施灸する。
  3. 軟らかくひねる。
  4. 壮数を少なくする。
解答・解説を見る
解答:

問157

米粒大の艾炷の連続施灸で最初に出現する局所の変化はどれか。

  1. 発 赤
  2. 水 痘
  3. 痂 皮
  4. 潰 瘍
解答・解説を見る
解答:

問158

打膿灸による炎症の発生に関与しないのはどれか。

  1. ブラジキニン
  2. ヒスタミン
  3. プロスタグランジン
  4. β―リボトロピン
解答・解説を見る
解答:

問159

施灸による体性一内臓反射の遠心路を構成する神経線維で正しいのはどれか。

  1. C 線維
  2. Aδ線維
  3. Aβ線維
  4. Aα線維
解答・解説を見る
解答:

問160

過剰刺激を受けてレイリ―現象を起こす神経系はどれか。

  1. 運動神経
  2. 感覚神経
  3. 交感神経
  4. 副交感神経
解答・解説を見る
解答: