国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2002年(H14年)第10回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題89〜96)

問89

関節運動で伸展40°が可能な関節はどれか。

  1. 肩関節
  2. 肘関節
  3. 股関節
  4. 膝関節
解答・解説を見る
解答:

問90

肩腱板を形成しない筋はどれか。

  1. 大円筋
  2. 肩甲下筋
  3. 棘上筋
  4. 小円筋
解答・解説を見る
解答:

問91

廃用症候群に含まれないのはどれか。

  1. 筋萎縮
  2. 麻痺
  3. 関節拘縮
  4. 褥瘡
解答・解説を見る
解答:

問92

慢性閉塞性肺疾患に対する肺理学療法で誤っているのはどれか。

  1. 深い呼吸
  2. ゆっくりとした呼吸
  3. 呼吸補助筋を使った呼吸
  4. 横隔膜を使った呼吸
解答・解説を見る
解答:

問93

末梢神経麻痺と装具との組合わせで適切でないのはどれか。

  1. 正中神経麻痺 ― 短対立副子
  2. 尺骨神経麻痺 ― ナックルベンダ―
  3. 総腓骨神経麻痺 ― 短下肢装具
  4. 脛骨神経麻痺 ― 長下肢装具
解答・解説を見る
解答:

問94

温熱療法の効果で誤っているのはどれか。

  1. 血液循環の改善
  2. 新陳代謝の抑制
  3. 痛みの軽減
  4. 痙性の抑制
解答・解説を見る
解答:

問95

脳卒中急性期の背臥位での良肢位として誤っているのはどれか。

  1. 枕を高めにする。
  2. 患側肩甲帯を前に出す。
  3. 両骨盤を水平にする。
  4. 股間節を内外旋中間位にする。
解答・解説を見る
解答:

問96

ト―マステストの目的はどれか。

  1. 腰部神経根圧迫の有無
  2. 背筋の緊張の有無
  3. 腸腰筋拘縮の有無
  4. ハムストリングス短縮の有無
解答・解説を見る
解答: