国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2002年(H14年)第10回 はり師・きゅう師国家試験

生理学 (問題34〜49)

問34

健康成人の体液について誤っている記述はどれか。

  1. 体液は体重の60%を占める。
  2. 細胞内液は間質液と血漿に区分される。
  3. 細胞外液にはナトリウムイオンが多い。
  4. 細胞内液にはカリウムイオンが多い。
解答・解説を見る
解答:

問35

血漿蛋白について正しい記述はどれか。

  1. α-グロブリンは抗体として働く。
  2. アルブミンが最も多い。
  3. フィブリノーゲンはホルモンを運搬する。
  4. γ―グロブリンは血液凝固に関与する。
解答・解説を見る
解答:

問36

循環系における圧受容器反射について誤っている記述はどれか。

  1. 受容器は頚動脈洞や大動脈洞の血管壁にある。
  2. 短時間(秒単位)で作動する。
  3. 遠心路は交感神経および迷走神経である。
  4. 反射中枢は脊髄にある。
解答・解説を見る
解答:

問37

呼吸の反射性調節について正しい組合せはどれか。

  1. 動脈血酸素分圧の低下 ― 呼吸促進
  2. 動脈血二酸化炭素分圧の低下 ― 呼吸促進
  3. 肺伸展受容器の興奮 ― 呼吸抑制
  4. 脳脊髄液中の水素イオン濃度の上昇 ― 呼吸抑制
解答・解説を見る
解答:

問38

大腸について正しい記述はどれか。

  1. 水分の約95%が吸収される。
  2. 盲腸から上行結腸にかけて逆蠕動が起こる。
  3. 蠕動運動は交感神経によって促進される。
  4. 大腸液は消化酵素を含む。
解答・解説を見る
解答:

問39

体温調節時の産熱に関与しないのはどれか。

  1. 副腎髄質ホルモンの分泌増加
  2. 甲状腺ホルモンの分泌増加
  3. 皮膚血管の拡張
  4. ふるえの増大
解答・解説を見る
解答:

問40

排尿時に起こるのはどれか。

  1. 膀胱支配の骨盤神経活動の増加
  2. 膀胱支配の下腹神経活動の増加
  3. 外尿道括約筋の収縮
  4. 内尿道括約筋の収縮
解答・解説を見る
解答:

問41

血圧調節に関与するのはどれか。

  1. エストロゲン
  2. 成長ホルモン
  3. ノルアドレナリン
  4. プロラクチン
解答・解説を見る
解答:

問42

性周期について誤っている記述はどれか。

  1. 排卵に先立って黄体形成ホルモンの分泌が急激に増加する。
  2. プロゲステロンは排卵後に分泌が増加する。
  3. 黄体は着床が起こると退化する。
  4. エストロゲンは子宮内膜を肥厚させる。
解答・解説を見る
解答:

問43

神経伝達物質について誤っている記述はどれか。

  1. γ-アミノ酪酸は抑制性である。
  2. グリシンは興奮性である。
  3. オピオイドペプチドは鎮痛に重要である。
  4. P 物質は痛覚に重要である。
解答・解説を見る
解答:

問44

脳神経について誤っている記述はどれか。

  1. 動眼神経は副交感神経を含む。
  2. 迷走神経は内臓求心性神経を含む。
  3. 副神経は頸部の運動に関係する。
  4. 舌下神経は味覚に関係する。
解答・解説を見る
解答:

問45

脳波とそれが現れやすい時期との組合せで正しいのはどれか。

  1. α波 ― 安静閉眼時
  2. β波 ― 睡眠時
  3. δ波 ― 精神活動期
  4. θ波 ― 感覚刺激時
解答・解説を見る
解答:

問46

大脳辺縁系について誤っているのはどれか。

  1. 性行動への関与
  2. 自律機能の調節
  3. 感覚情報の統合
  4. 摂食行動への関与
解答・解説を見る
解答:

問47

骨格筋の収縮時に短縮するのはどれか。

  1. l帯
  2. A 帯
  3. Z 帯
  4. H 帯
解答・解説を見る
解答:
1,4

問48

反射中枢が脳幹にないのはどれか。

  1. 緊張性迷路反射
  2. 引っかき反射
  3. 立ち直り反射
  4. 緊張性頚反射
解答・解説を見る
解答:

問49

運動感覚に含まれないのはどれか。

  1. 抵抗感
  2. 位置感
  3. 重量感
  4. 遠近感
解答・解説を見る
解答: