国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2002年(H14年)第10回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題97〜111)

問97

臓腑とその生理作用との組合せで正しいのはどれか。

  1. 肝 一 神を蔵す
  2. 心 一 血を蔵す
  3. 胆 一 営を蔵す
  4. 腎 一 精を蔵す
解答・解説を見る
解答:

問98

血について誤っているのはどれか。

  1. 営気と共に脈中を流れる。
  2. 後天の精から造られる
  3. 体表部を潤し体温調節に関与する。
  4. 肝、心との関係が深い。
解答・解説を見る
解答:

問99

五臓と五主との組合せで正しいのはどれか。

  1. 心 ― 筋
  2. 肝 ― 血脈
  3. 腎 ― 皮毛
  4. 脾 ― 肌肉
解答・解説を見る
解答:

問100

五行の土に属さないのはどれか。

  1. 香ばしい
  2. 黄 色
  3. 辛 み
解答・解説を見る
解答:

問101

脾の病証として適切でないのはどれか。

  1. 全身倦怠感
  2. 消化不良
  3. 性欲減退
  4. 腹部膨満感
解答・解説を見る
解答:

問102

八綱病証で疾病の性質を示すのはどれか。

  1. 表 裏
  2. 寒 熱
  3. 虚 実
  4. 陰 陽
解答・解説を見る
解答:

問103

肝を傷る七情はどれか。

解答・解説を見る
解答:

問104

次の病証を示す経絡はどれか。 「空腹でも食欲がなく膝から下が冷える。腰痛があって臥すことを好む。」

  1. 足の太陰脾経
  2. 足の少陽胆経
  3. 足の少陰腎経
  4. 足の陽明胃経
解答・解説を見る
解答:

問105

胸脇苦満を呈する臓はどれか。

解答・解説を見る
解答:

問106

四季と脈状との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 春 ― 緩脈
  2. 夏 ― 洪脈
  3. 秋 ― 毛脈
  4. 冬 ― 石脈
解答・解説を見る
解答:

問107

六部定位脈診で腎を診る方法はどれか。

  1. 右の寸口を浮かせて診る。
  2. 左の関上を沈めて診る。
  3. 右の関上を浮かせて診る。
  4. 左の尺中を沈めて診る。
解答・解説を見る
解答:

問108

六部定位脈診で左手関上の沈が虚している場合、難経六十九難に基づく治療穴で適切なのはど れか

  1. 曲泉と陰谷
  2. 労宮と大都
  3. 太淵と太白
  4. 復溜と経渠
解答・解説を見る
解答:

問109

五臓五刺で鍼を深く刺人し、骨痺を取る刺法はどれか。

  1. 関 刺
  2. 半 刺
  3. 輸 刺
  4. 合谷刺
解答・解説を見る
解答:

問110

患部の左右反対側に治療する刺法を含むのはどれか。

  1. 三 刺
  2. 五 刺
  3. 九 刺
  4. 十二刺
解答・解説を見る
解答:

問111

陽実証に対する刺法で適切なのはどれか。

  1. 抜鍼後に直ちに鍼孔を閉じる。
  2. 速刺速抜で刺鍼する。
  3. 経気の流れに沿って刺鍼する。
  4. 呼気時に刺入し、吸気時に抜く。
解答・解説を見る
解答: