国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2003年(H15年)第11回 はり師・きゅう師国家試験

病理学 (問題50〜56)

問50

年齢素因がみられるのはどれか。

  1. 結 核
  2. 水 痘
  3. 赤 痢
  4. 腸チフス
解答・解説を見る
解答:

問51

創傷治癒を最も抑制するのはどれか。

  1. 解熱薬
  2. 抗菌薬
  3. 向精神薬
  4. 副腎皮質ステロイド薬
解答・解説を見る
解答:

問52

骨髄移植後のGVHD(移植片対宿主病)で宿主を攻撃する細胞はどれか。

  1. 好中球
  2. B 細胞
  3. T 細胞
  4. 形質細胞
解答・解説を見る
解答:

問53

喀血の出血部位はどれか。

  1. 鼻 腔
  2. 咽 頭
  3. 喉 頭
  4. 気管支
解答・解説を見る
解答:

問54

二次性高血圧症に関与しない疾患はどれか。

  1. 急性糸球体腎炎
  2. 甲状腺機能亢進症
  3. 急性肝炎
  4. 褐色細胞腫
解答・解説を見る
解答:

問55

感染症を引き起こす寄生体のうち生きた細胞内でのみ増殖するのはどれか。

  1. ウイルス
  2. 細 菌
  3. 原 虫
  4. 真 菌
解答・解説を見る
解答:

問56

組織学的悪性度の評価で重要性が最も低いのはどれか。

  1. 成熟度
  2. 間質量
  3. 核分裂像
  4. 核異型
解答・解説を見る
解答: