国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2003年(H15年)第11回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

古代九鍼のうち皮膚刺激を目的とするのはどれか。

  1. 円鍼
  2. 員利鍼
  3. 毫鍼
  4. 鋒鍼
解答・解説を見る
解答:

問142

一定の刺入深度に達した後、鍼の上下動で刺激を与える手技でないのはどれか。

  1. 間歇術
  2. 雀啄術
  3. 屋漏術
  4. 回旋術
解答・解説を見る
解答:

問143

侵害受容器を興奮させない手技はどれか。

  1. 振せん術
  2. 単刺術
  3. 随鍼術
  4. 管散術
解答・解説を見る
解答:

問144

抜鍼困難時に使用しない手技はどれか。

  1. 置鍼術
  2. 副刺激術
  3. 鍼尖転移法
  4. 示指打法
解答・解説を見る
解答:

問145

折鍼事故の予防対策として適切でないのはどれか。

  1. オートクレーブ滅菌による反復使用を避ける。
  2. 曲がった鍼は伸ばして使う。
  3. 鍼通電治療に交流電流を用いる。
  4. 刺鍼中は動かないように患者に指示する。
解答・解説を見る
解答:

問146

鎮痛機構における下行性抑制に関与しないのはどれか。

  1. ノルアドレナリン
  2. ナロキソン
  3. セロトニン
  4. β-エンドルフィン
解答・解説を見る
解答:

問147

内因性発痛物質でないのはどれか。

  1. アセチルコリン
  2. 水素イオン
  3. ブラジキニン
  4. カリウムイオン
解答・解説を見る
解答:

問148

鍼の「ひびき」を伝える神経線維はどれか。

  1. Aα線維
  2. Aγ線維
  3. B 線維
  4. C 線維
解答・解説を見る
解答:

問149

刺鍼局所の軸索反射が強く関与する治療的作用はどれか。

  1. 免疫作用
  2. 転調作用
  3. 誘導作用
  4. 止血作用
解答・解説を見る
解答:

問150

レイリー現象について正しいのはどれか。

  1. 血管運動性の障害である。
  2. 病変には個体差がない。
  3. 刺激の種類に関係する。
  4. 障害は限局する。
解答・解説を見る
解答: