国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2003年(H15年)第11回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

隔物灸に比較的粗悪な艾を用いる理由として正しいのはどれか。

  1. ひねりやすい。
  2. 手触りが良い。
  3. 芳香がある。
  4. 燃焼温度が高い。
解答・解説を見る
解答:

問152

転調作用を目的に灸治療を行う疾患はどれか。

  1. 肋間神経痛
  2. 気管支喘息
  3. ベル麻痺選択
  4. 肩関節周囲炎
解答・解説を見る
解答:

問153

施灸部位の化膿予防を患者に指導する必要がある施灸法はどれか。

  1. 透熱灸
  2. 知熱灸
  3. 打膿灸
  4. ニンニク灸
解答・解説を見る
解答:

問154

灸あたりの一般的症状でないのはどれか。

  1. 頭 重
  2. 胸 痛
  3. 全身倦怠感
  4. 発 熱
解答・解説を見る
解答:

問155

虚弱者に対する灸施術で適切でないのはどれか。

  1. 小さい艾炷を使う
  2. 壮数を少なくする。
  3. ひねりを硬くする
  4. 無痕灸を使う。
解答・解説を見る
解答:

問156

灸施術における患者の皮膚消毒で適切でないのはどれか。

  1. ラビング法で擦り込む。
  2. 遠心性に渦巻き状に拭く。
  3. 消毒用エタノールを用いる。
  4. 施術前後に行う。
解答・解説を見る
解答:

問157

施灸局所の血行促進に関与するのはどれか。

  1. γ-アミノ酪酸
  2. サブスタンスP
  3. アンジオテンシンⅡ
  4. ノルアドレナリン
解答・解説を見る
解答:

問158

施灸による体性-自律神経反射で交感神経活動の亢進反応でないのはどれか。

  1. 皮脂の分泌亢進
  2. 皮膚血管の収縮
  3. 立毛筋の収縮
  4. 心拍数の減少
解答・解説を見る
解答:

問159

熱刺激による副腎のカテコールアミン分泌に関与するのはどれか。

  1. 骨盤神経
  2. 交感神経
  3. ACTH
  4. 糖質コルチコイド
解答・解説を見る
解答:

問160

ストレス学説に関する記述で誤っているのはどれか。

  1. ACTH の分泌が増加する。
  2. 汎適応症候群の学説である。
  3. 胃潰瘍の治癒を促進する。
  4. 胸腺やリンパ器官は萎縮する。
解答・解説を見る
解答: