国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2004年(H16年)第12回 はり師・きゅう師国家試験

病理学 (問題50〜56)

問50

誤っている組合せはどれか。

  1. 痛 風 - 尿 酸
  2. 黄 疸 - ビリルビン
  3. アミロイドーシス - ヘモジデリン
  4. ゴーシェ病 - 類脂質
解答・解説を見る
解答:

問51

高齢者における疾患の特徴で誤っているのはどれか。

  1. 恒常性維持に異常をきたしやすい。
  2. 定型的な経過を呈しやすい。
  3. 慢性化しやすい。
  4. 精神症状を呈しやすい。
解答・解説を見る
解答:

問52

踵の足底面中央への米粒大の透熱灸で、熱傷害が瘢痕を形成するのに最も関与するのはどれか。

  1. 表 皮
  2. 真皮表層
  3. 真皮深層
  4. 皮下組織
解答・解説を見る
解答:

問53

慢性炎症に最も関係の深い組織変化はどれか。

  1. 血管拡張
  2. 好中球浸潤
  3. 滲出性変化
  4. 肉芽組織形成
解答・解説を見る
解答:

問54

アレルギーの型と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

  1. Ⅰ型 - 花粉症
  2. Ⅱ型 - じんま疹
  3. Ⅲ型 - 糸球体腎炎
  4. Ⅳ型 - 接触性皮膚炎
解答・解説を見る
解答:

問55

心疾患で関連の少ない組合せはどれか。

  1. 心室中隔欠損 - 左心室肥大
  2. 心不全 - 肺水腫
  3. 狭心症 - 冠動脈硬化症
  4. 心筋炎 - 高安病(脈なし病)
解答・解説を見る
解答:

問56

腫瘍の壊死によって引き起こされる病態はどれか。

  1. 発 熱
  2. 悪液質
  3. 免疫異常
  4. 内分泌異常
解答・解説を見る
解答: