国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2004年(H16年)第12回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

刺激方法として鍼管を用いないのはどれか。

  1. 管散術
  2. 示指打法
  3. 副刺激術
  4. 刺鍼転向法
解答・解説を見る
解答:

問142

撚鍼法の術式で必要ないのはどれか。

  1. 消 毒
  2. 前揉捏
  3. 挿 管
  4. 切 皮
解答・解説を見る
解答:

問143

管鍼法の創始者はどれか。

  1. 石坂宗哲
  2. 菅沼周桂
  3. 御園意斉
  4. 杉山和一
解答・解説を見る
解答:

問144

体動による折鍼の危険性が少ないのはどれか。

  1. 間歇術
  2. 回旋術
  3. 屋漏術
  4. 細指術
解答・解説を見る
解答:

問145

WHO の「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999 年)」で鍼治療を避けるべき状態 としているのはどれか。

  1. 出血性の疾患
  2. 歯科の術後痛
  3. 手術後の嘔吐
  4. つわり
解答・解説を見る
解答:

問146

鍼治療の偶発症として起こり得るのはどれか。

  1. 神経障害
  2. 抑うつ
  3. せん妄
  4. アフタ性潰瘍
解答・解説を見る
解答:

問147

鍉鍼による押圧刺激の情報を伝える神経線維はどれか。

  1. B
解答・解説を見る
解答:

問148

鍼刺激の局所に出現する現象で適切でないのはどれか。

  1. 微細な組織損傷
  2. CGRP の分泌抑制
  3. ポリモーダル受容器の興奮
  4. 内因性発痛物質の生成
解答・解説を見る
解答:

問149

エンケファリンの構成成分はどれか。

  1. 不飽和脂肪酸
  2. アミノ酸
  3. リン脂質
  4. グルコース
解答・解説を見る
解答:

問150

腰部刺鍼によって下肢に発現する血管拡張の機序はどれか。

  1. 体性反射
  2. 体性-内臓反射
  3. 体性-自律神経反射
  4. 交叉性伸展反射
解答・解説を見る
解答: