国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2004年(H16年)第12回 はり師・きゅう師国家試験

経絡経穴概論 (問題112〜124)

問112

骨度法で正しいのはどれか。

  1. 大椎から肩峰外端まで1 尺
  2. 前髪際額角間は7 寸
  3. 委中から崑崙まで1 尺6 寸
  4. 足三里から解谿まで1 尺5 寸
解答・解説を見る
解答:

問113

腎経の流注で誤っているのはどれか。

  1. 足の第5 指外側より脈気を受け、足底を通る。
  2. 下腿では脛骨の内側縁を通る
  3. 腹部では任脈の外側5 分の部を上行する。
  4. 胸中で手の少陰心経に連なる。
解答・解説を見る
解答:

問114

経穴と所属経脈との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 天髎 - 三焦経
  2. 肘髎 - 大腸経
  3. 巨髎 - 胃経
  4. 次髎 - 胆経
解答・解説を見る
解答:

問115

経穴と神経との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 上巨虚 - 深腓骨神経
  2. 少 府 - 尺骨神経
  3. 内 関 - 橈骨神経
  4. 光 明 - 浅腓骨神経
解答・解説を見る
解答:

問116

棘上筋上にある経穴はどれか。

  1. 肩貞
  2. 巨骨
  3. 肩髎
  4. 臑兪
解答・解説を見る
解答:

問117

取穴法で正しい記述はどれか。

  1. 腹結は大横の下2 寸3 分に取る。
  2. 帰来は天枢の下4 寸に取る。
  3. 大赫は肓兪の下3 寸に取る。
  4. 関元は神闕の下2 寸に取る。
解答・解説を見る
解答:

問118

経穴間の距離で誤っている記述はどれか。

  1. 百会と上星との間は3 寸である。
  2. 飛陽と跗陽との間は4 寸である。
  3. 郄門と内関との間は3 寸である。
  4. 中脘と鳩尾との間は3 寸である。
解答・解説を見る
解答:

問119

経穴と動脈拍動部との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 頷 厭 - 顔面動脈
  2. 経 渠 - 橈骨動脈
  3. 衝 陽 - 足背動脈
  4. 太 谿 - 後脛骨動脈
解答・解説を見る
解答:

問120

同じ肋間の高さにない経穴はどれか。

  1. 紫宮
  2. 神蔵
  3. 庫房
  4. 周栄
解答・解説を見る
解答:

問121

経穴について誤っている記述はどれか。

  1. 水泉は絡穴である。
  2. 委中は四総穴の一つである。
  3. 公孫は八総穴として用いられる。
  4. 温溜は郄穴である。
解答・解説を見る
解答:

問122

八会穴の組合せで正しいのはどれか。

  1. 脈会 - 陽陵泉
  2. 臓会 - 中院
  3. 気会 - 懸鐘(絶骨)
  4. 骨会 - 大杼
解答・解説を見る
解答:

問123

背部正中線上にある奇穴はどれか。

  1. 気海兪
  2. 痞 根
  3. 腰 眼
  4. 上 仙
解答・解説を見る
解答:

問124

皮膚温の変化として報告されたのはどれか。

  1. 良導点
  2. エアポケット現象
  3. ヘッド帯
  4. 皮電点
解答・解説を見る
解答: