国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2004年(H16年)第12回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題97〜111)

問97

東洋医学の特色で適切でないのはどれか。

  1. 本治による治療では奇穴を用いる。
  2. 四診によって証の決定を行う。
  3. 虚実に基づいて補瀉を施す。
  4. 未病を治す。
解答・解説を見る
解答:

問98

五行論で誤っている記述はどれか。

  1. 五行論は陰陽論を含む。
  2. 相生と相剋の法則がある。
  3. 難経六十九難による治療法に活用される。
  4. 色体表は臓腑の病変の診断に応用される。
解答・解説を見る
解答:

問99

外邪に対する防御的役割をするのはどれか。

  1. 宗 気
  2. 経 気
  3. 衛 気
  4. 営 気
解答・解説を見る
解答:

問100

津液について誤っているのはどれか。

  1. 心により代謝が促進される。
  2. 水穀から分離される。
  3. 体温調節に関与する。
  4. 皮膚を潤す。
解答・解説を見る
解答:

問101

臓腑と開竅部との組合せで正しいのはどれか。

  1. 肝 - 口唇
  2. 心 - 舌
  3. 脾 - 耳
  4. 腎 - 目
解答・解説を見る
解答:

問102

臓腑と生理作用との組合せで正しいのはどれか。

  1. 肺 - 運化
  2. 腎 - 統血
  3. 小腸 - 清濁の分別
  4. 胆 - 水穀の受納
解答・解説を見る
解答:

問103

外因で体重節痛を引き起こすのはどれか。

  1. 風 邪
  2. 寒 邪
  3. 湿 邪
  4. 燥 邪
解答・解説を見る
解答:

問104

七情で腎を傷るのはどれか。

解答・解説を見る
解答:

問105

虚証の症状で適切でないのはどれか。

  1. 短気
  2. 自汗
  3. 下痢
  4. 拒按
解答・解説を見る
解答:

問106

次の文で示す病証に関係する臓はどれか。 「手足の筋のひきつれ、季肋部痛、めまいや目の乾燥がある。」

解答・解説を見る
解答:

問107

次の文で示す是動病の経脈はどれか。 「食するともどし、胃部が痛み、腹が張る。よくおくびし、放屁すればすっきりする。全身が重く感じる。」

  1. 大腸経
  2. 胃経
  3. 肺経
  4. 脾経
解答・解説を見る
解答:

問108

次の文で示す経絡病証について適切なのはどれか。 「目の痛みが強く、頭痛もある。背中は張って腰は折れんばかりに痛み、下腿後面の筋がひきつれる。」

  1. 肝 経
  2. 膀胱経
  3. 胆 経
  4. 腎 経
解答・解説を見る
解答:

問109

陽蹻脈病証の症状はどれか。

  1. 月経異常
  2. 目の痛み
  3. 排尿障害
  4. 下 痢
解答・解説を見る
解答:

問110

古代九鍼で「皮膚を破る鍼」とされているのはどれか。

  1. 鋒 鍼
  2. 毫 鍼
  3. 大 鍼
  4. 鍉 鍼
解答・解説を見る
解答:

問111

五臓五刺で正しい組合せはどれか。

  1. 脾 - 半 刺
  2. 肺 - 関 刺
  3. 肝 - 合谷刺
  4. 腎 - 輸 刺
解答・解説を見る
解答: