国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2005年(H17年)第13回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

鍼の刺激量を刺入の継続時間で調節するのはどれか。

  1. 単刺術
  2. 置鍼術
  3. 旋撚術
  4. 雀啄術
解答・解説を見る
解答:

問142

小児鍼として使用しないのはどれか。

  1. いちょう鍼
  2. 車 鍼
  3. 鋒 鍼
  4. 鍉 鍼
解答・解説を見る
解答:

問143

刺鍼による気胸としてみられないのはどれか。

  1. 胸 痛
  2. 冷 汗
  3. 血 痰
  4. 呼吸困難
解答・解説を見る
解答:

問144

返し鍼の処置が適切なのはどれか。

  1. 精神緊張による過換気
  2. 脳貧血による-過性の失神
  3. 食中毒による下痢
  4. 刺鍼による発熱
解答・解説を見る
解答:

問145

ディスポーザブル鍼の取扱いとして適切でないのはどれか。

  1. 使用後は医療廃棄物として処理する。
  2. 滅菌の有効期限内に使用する。
  3. 使用直前にパッケージを開く。
  4. 再生して使用する。
解答・解説を見る
解答:

問146

軸索反射を介してコリン作動性神経末端に作用し、筋血管を拡張させるのはどれか。

  1. CGRP
  2. サブスタンスP
  3. βエンドルフィン
  4. アトロピン
解答・解説を見る
解答:

問147

ポリモーダル受容器の特徴として適切でないのはどれか。

  1. 皮膚だけでなく深部組織にも分布する。
  2. 局在性の明らかな痛みを生じる。
  3. 受容器の形態は自由神経終末である。
  4. 非侵害的な刺激強度でも興奮する。
解答・解説を見る
解答:

問148

内因性発痛物質でないのはどれか。

  1. 水素イオン
  2. セロトニン
  3. ヒスタミン
  4. エンケファリン
解答・解説を見る
解答:

問149

鍼麻酔について誤っている記述はどれか。

  1. 筋収縮が得られる刺激で発現する。
  2. 細径線維が関与する。
  3. 意識レベルが低下する。
  4. 効果発現までに誘導時間が必要である。
解答・解説を見る
解答:

問150

胃運動を促進する迷走神経反射に関与するのはどれか。

  1. 遠道刺
  2. 絡 刺
  3. 巨 刺
  4. 関 刺
解答・解説を見る
解答: