国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2005年(H17年)第13回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題89〜96)

問89

職種と業務内容との組合せで正しいのはどれか。

  1. 言語聴覚士 ― 人工内耳の作製
  2. 作業療法士 ― 自助具の作製
  3. 理学療法士 ― 神経ブロック注射
  4. 介護支援専門員 ― 腰痛体操の指導
解答・解説を見る
解答:

問90

徒手筋力テストにおいて、重力に逆らうことはできないが、重力がなければ動かせる筋肉のグレ ードはどれか。

  1. MMT4
  2. MMT3
  3. MMT2
  4. MMTl
解答・解説を見る
解答:

問91

廃用症候群の症候として正しいのはどれか。

  1. 意識障害
  2. 関節拘縮
  3. 尿失禁
  4. けいれん
解答・解説を見る
解答:

問92

下肢の筋緊張が増強しないのはどれか。

  1. 頸髄不全麻痺
  2. パーキンソン病
  3. 痙直型脳性麻痺
  4. 腰椎椎間板ヘルニア
解答・解説を見る
解答:

問93

病態と装具との組合せで正しいのはどれか。

  1. 外反母趾 ― 長下肢装具
  2. 正中神経麻痺 ― コックアップスプリント
  3. 脳卒中片麻痺 ― PTB 装具
  4. 腰椎圧迫骨折 ― 体幹装具
解答・解説を見る
解答:

問94

脊髄損傷完全麻痺について正しい組合せはどれか。

  1. 第3 頸髄レベル ― 人工呼吸器
  2. 第7 頸髄レベル ― 電動車いす
  3. 第3 胸髄レベル ― 長下肢装具
  4. 第12 胸髄レベル ― 短下肢装具
解答・解説を見る
解答:

問95

慢性閉塞性肺疾患のリハビリテーション内容で誤っているのはどれか。

  1. リラクゼーション
  2. 口すぼめ呼吸
  3. 速い呼吸パターン指導
  4. 四肢・体幹の筋力強化
解答・解説を見る
解答:

問96

大腿骨頸部骨折で手術直後に行わないのはどれか。

  1. 創部へのホットパック
  2. 両下肢の関節可動域訓練
  3. ベッド上での体位交換
  4. 車いす座位訓練
解答・解説を見る
解答: