国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2005年(H17年)第13回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学各論 (問題69〜88)

問69

甲状腺機能低下症でみられないのはどれか。

  1. テタニー
  2. 嗄 声
  3. 便 秘
  4. 言語緩慢
解答・解説を見る
解答:

問70

次の文で示す患者で最も考えられるのはどれか。 「45 歳の男性。高血圧、多尿、四肢麻痺、低カリウム血症、高ナトリウム血症を認めた。」

  1. 尿崩症
  2. 原発性アルドステロン症
  3. 褐色細胞腫
  4. 副甲状腺機能亢進症
解答・解説を見る
解答:

問71

アジソン病の症状でACTH 増加によるのはどれか。

  1. 腋毛脱落
  2. 色素沈着
  3. 低血圧
  4. 低血糖
解答・解説を見る
解答:

問72

筋萎縮性側索硬化症で最も侵されやすい脳神経核はどれか。

  1. 動眼神経核
  2. 三叉神経運動核
  3. 顔面神経核
  4. 舌下神経核
解答・解説を見る
解答:

問73

15 歳の肥満男子。軽微な外傷後跛行を主訴として来院した。最も考えられるのはどれか。

  1. ペルテス病
  2. 変形性股関節症
  3. 結核性股間節炎
  4. 大腿骨頭すべり症
解答・解説を見る
解答:

問74

関節リウマチに合併しない変形はどれか。

  1. スワンネック変形
  2. ボタン穴変形
  3. マレット変形
  4. 尺側偏位
解答・解説を見る
解答:

問75

下部腰椎椎間板ヘルニアで認めにくい記述はどれか。

  1. 坐骨神経痛を伴う。
  2. ギックリ腰ではじまる。
  3. 大腿内側の知覚障害を認める。
  4. 髄核は後側方に脱出する。
解答・解説を見る
解答:

問76

心臓弁膜疾患と症状との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 僧帽弁狭窄症 ― 起坐呼吸
  2. 僧帽弁閉鎖不全症 ― 易疲労性
  3. 大動脈弁狭窄症 ― 失神発作
  4. 大動脈弁閉鎖不全症 ― 拡張期血圧上昇
解答・解説を見る
解答:

問77

血液疾患と症状との組合せで最も関連の低いのはどれか。

  1. 白血病 ― 発熱
  2. 悪性リンパ腫 ― 貧血
  3. 血小板減少性紫斑病 ― リンパ節腫大
  4. 血友病 ― 関節内出血
解答・解説を見る
解答:

問78

膵癌について誤っている記述はどれか。

  1. 膵腺房細胞から発生することが多い。
  2. 高齢の男性に多い。
  3. 血清腫瘍マーカーとしてCA19-9 を用いる。
  4. 膵頭部癌では閉塞性黄疸をきたしやすい。
解答・解説を見る
解答:

問79

脊髄麻酔で可能な手術はどれか。

  1. 脳腫瘍摘出術
  2. 甲状腺全摘術
  3. 上腕骨骨折骨接合術
  4. 虫垂切除術
解答・解説を見る
解答:

問80

星状神経節ブロックの適応でないのはどれか。

  1. 末梢性顔面神経麻痺
  2. 顔面の帯状疱疹後神経痛
  3. 手の反射性交感神経性萎縮症
  4. 片側顔面けいれん
解答・解説を見る
解答:

問81

ネフローゼ症候群の特徴でないのはどれか。

  1. 全身浮腫
  2. ミオグロビン尿症
  3. 低蛋白血症
  4. 高脂血症
解答・解説を見る
解答:

問82

慢性気管支炎について誤っている記述はどれか。

  1. 1 か月以上持続する気管支炎をいう。
  2. 閉塞性呼吸器疾患である。
  3. 主な症状は湿性の咳嗽である。
  4. 治療として禁煙が重要である。
解答・解説を見る
解答:

問83

肺線維症でみられないのはどれか。

  1. 胸 痛
  2. 乾性咳嗽
  3. 息切れ
  4. 肺活量減少
解答・解説を見る
解答:

問84

破傷風について正しい記述はどれか。

  1. 破傷風菌は好気性である。
  2. 菌の内毒素によって発症する。
  3. 経口的な感染が多い。
  4. 予防にワクチンが有効である。
解答・解説を見る
解答:

問85

オリーブ橋小脳萎縮症でみられないのはどれか。

  1. パーキンソニズム
  2. 体幹失調
  3. 失語症
  4. 自律神経症状
解答・解説を見る
解答:

問86

前駆症状を伴うのはどれか。

  1. 緊張型頭痛
  2. 片頭痛
  3. 三叉神経痛
  4. 大後頭神経痛
解答・解説を見る
解答:

問87

心身症の特徴として適切でない記述はどれか。

  1. させられ体験がある。
  2. 不安感を伴う。
  3. 愁訴が多い。
  4. 心理的要因に影響される。
解答・解説を見る
解答:

問88

アレルギー性鼻炎について正しい記述はどれか。

  1. 遅延型アレルギー反応で起こる。
  2. 診断には鼻汁の好酸球検査が重要である。
  3. 慢性化することは少ない。
  4. 副鼻腔炎の原因にはなりにくい。
解答・解説を見る
解答: