国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2005年(H17年)第13回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学総論 (問題57〜68)

問57

前期妊娠中毒症に含まれるのはどれか。

  1. 子 癇
  2. 妊娠悪阻
  3. 中毒症性脳出血選択
  4. 妊娠浮腫
解答・解説を見る
解答:

問58

水牛様肩甲部脂肪沈着(バッファローハンプ)がみられるのはどれか。

  1. クレチン病
  2. クッシング病
  3. 夕一ナー症候群選択
  4. くる病
解答・解説を見る
解答:

問59

発生頻度に著明な性差がみられないのはどれか。

  1. 先天性股関節脱臼
  2. ペルテス病
  3. 特発性側弯症
  4. 先天性筋性斜頸
解答・解説を見る
解答:

問60

通常の平地歩行における歩行周期で立脚相の占める割合はどれか。

  1. 20%
  2. 40%
  3. 60%
  4. 80%
解答・解説を見る
解答:

問61

良肢位で誤っているのはどれか。

  1. 肘関節屈曲90 度
  2. 手関節伸展(背屈)10 度
  3. 膝関節伸展0 度
  4. 足関節屈曲(底屈)10 度
解答・解説を見る
解答:

問62

動脈疾患について誤っている組合せはどれか。

  1. 閉塞性動脈硬化症 ― 虚血性潰瘍
  2. 解離性大動脈瘤 ― 背部痛
  3. 大動脈炎症候群 ― 橈骨動脈拍動減弱
  4. レイノー病 ― 間欠跛行
解答・解説を見る
解答:

問63

経口感染するウイルス性肝炎はどれか。

  1. B 型
  2. C 型
  3. D 型
  4. E 型
解答・解説を見る
解答:

問64

成人の胸骨圧迫心臓マッサージで適切でない記述はどれか。

  1. 毎分100 回で行う。
  2. 胸骨が4~5cm 沈む程度に圧迫する。
  3. 加庄と除圧の比は1:2 である。
  4. 圧迫部位は胸骨下端から2 横指頭側である。
解答・解説を見る
解答:

問65

体位ドレナージが有効な疾患はどれか。

  1. 気管支拡張症
  2. 気管支喘息
  3. 肺気腫
  4. 肺水腫
解答・解説を見る
解答:

問66

感覚解離を起こす障害部位はどれか。

  1. 大脳基底核
  2. 小 脳
  3. 脊 髄
  4. 末梢神経
解答・解説を見る
解答:

問67

持続時間が最も短い不随意運動はどれか。

  1. 舞踏病様運動
  2. ミオクローヌス
  3. アテトーゼ
  4. ジストニア
解答・解説を見る
解答:

問68

脊髄後索性失調の検査で最も適切なのはどれか。

  1. ロンベルグ試験
  2. 変換運動
  3. 膝踵試験
  4. 書字試験
解答・解説を見る
解答: