国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2005年(H17年)第13回 はり師・きゅう師国家試験

生理学 (問題34〜49)

問34

アシドーシスの原因とならないのはどれか。

  1. 呼吸量減少
  2. 腎機能低下
  3. 頻回の嘔吐
  4. 持続する下痢
解答・解説を見る
解答:

問35

心臓の働きについて誤っている記述はどれか。

  1. 摘出した心臓は一定時間拍動する。
  2. ペースメーカー細胞は一定リズムで興奮する。
  3. 刺激伝導系の興奮は特殊心筋線維によって伝えられる。
  4. 心臓の収縮に自律神経の働きは不可欠である。
解答・解説を見る
解答:

問36

血液中の酸素分圧低下時に起こらないのはどれか。

  1. 酸素化ヘモグロビンの増加
  2. エリスロポイ工チンの分泌
  3. 頚動脈小体からの求心性活動の亢進
  4. 赤血球の増加
解答・解説を見る
解答:

問37

低蛋白血症時に起こらないのはどれか。

  1. 浮 腫
  2. 易感染性
  3. 血液凝固の促進
  4. 細胞へのアミノ酸供給の減少
解答・解説を見る
解答:

問38

呼吸について誤っている記述はどれか。

  1. ヘモグロビンと酸素の結合能は炭酸ガス分圧が低い程高まる。
  2. 胸腔内庄は陰圧である。
  3. 肺胞の酸素分圧は動脈血の酸素分圧より低い。
  4. 腹式呼吸の吸気時に横隔膜は収縮する
解答・解説を見る
解答:

問39

胃液分泌を抑制するのはどれか。

  1. 食塊による胃壁の伸展
  2. 迷走神経の活動亢進
  3. ガストリンの分泌
  4. セクレチンの分泌
解答・解説を見る
解答:

問40

消化管で受動的に吸収されるのはどれか。

  1. カルシウムイオン
  2. ブドウ糖
  3. ナトリウムイオン
解答・解説を見る
解答:

問41

高温環境下で起こりにくいのはどれか。

  1. 発 汗
  2. バゾプレッシン分泌の減少
  3. 皮膚血管の拡張
  4. アルドステロン分泌の増加
解答・解説を見る
解答:

問42

腎臓の酸・塩基平衡の保持作用で最も重要なのはどれか。

  1. 重炭酸イオンの排泄
  2. ナトリウムイオンの再吸収
  3. 水素イオンの排泄
  4. カリウムイオンの再吸収
解答・解説を見る
解答:

問43

健常成人で下垂体前葉のACTH 分泌が亢進した際にみられないのはどれか。

  1. 副腎アンドロゲン分泌の増加
  2. 視床下部ACTH 放出ホルモン(CRH)分泌の増加
  3. 電解質コルチコイド分泌の増加
  4. 糖質コルチコイド分泌の増加
解答・解説を見る
解答:

問44

下垂体前葉ホルモンが関与しないのはどれか。

  1. 乳汁産生
  2. 血糖値上昇
  3. 成長促進
  4. 子宮収縮
解答・解説を見る
解答:

問45

カテコールアミンα受容体が関与するのはどれか。

  1. 血管の収縮
  2. 気管支の拡張
  3. 心収縮力の増大
  4. 胃腸管平滑筋の収縮
解答・解説を見る
解答:

問46

末梢神経束の圧迫によって最初に障害されるのはどれか。

  1. 発 汗
  2. 触 覚
  3. 痛 覚
  4. 運 動
解答・解説を見る
解答:

問47

骨格筋に分布しない神経はどれか。

  1. α運動ニューロン
  2. γ運動ニューロン
  3. Ia 群求心性線維
  4. Ib 群求心性線維
解答・解説を見る
解答:

問48

損傷によって運動麻痺が起こらない部位はどれか。

  1. 前頭葉
  2. 小 脳
  3. 内 包
  4. 脊髄側索
解答・解説を見る
解答:

問49

100g と103g の重さの違いがわかる時、200g と区別できる最小の重さはどれか。

  1. 203g
  2. 206g
  3. 209g
  4. 212g
解答・解説を見る
解答: