国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2005年(H17年)第13回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題97〜111)

問97

気について誤っている記述はどれか。

  1. 衛気は水穀の精気のことをいう。選択
  2. 真気は温煦作用を持つ。選択
  3. 宗気は胸中に集まる。
  4. 営気は血とともに脈中を流れる。
解答・解説を見る
解答:

問98

陰陽関係で、陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる法則はどれか。

  1. 陰陽可分
  2. 陰陽転化選択
  3. 陰陽消長
  4. 陰陽互根
解答・解説を見る
解答:

問99

経脈における五行の関係について誤っている記述はどれか

  1. 腎経の母経は肺経である。
  2. 膀胱経の子経は胆経である。
  3. 肺経の相剋の経は脾経である。
  4. 心経の相生の経は肝経である。
解答・解説を見る
解答:

問100

肺の臓について正しいのはどれか。

  1. 第3 胸椎に付く。
  2. 口唇に開竅する。
  3. 作強の官である。
  4. 統血を主る。
解答・解説を見る
解答:

問101

五声と五音との組合せで正しいのはどれか。

  1. 呼 ― 羽
  2. 言 ― 角
  3. 歌 ― 徴
  4. 哭 ― 商
解答・解説を見る
解答:

問102

昇清を主るのはどれか。

解答・解説を見る
解答:

問103

三焦について正しいのはどれか。

  1. 第12 胸椎に付着する。
  2. 伝導の官である。
  3. 納気を主る。
  4. 気血津液を調整する。
解答・解説を見る
解答:

問104

五心煩熱がみられるのはどれか。

  1. 気 虚
  2. 陽 虚
  3. 血 虚
  4. 陰 虚
解答・解説を見る
解答:

問105

経絡病証で背骨のこわばり、頭痛の症状を呈するのはどれか。

  1. 督 脈
  2. 任 脈
  3. 衝 脈
  4. 帯 脈
解答・解説を見る
解答:

問106

六部定位脈診において左関上で診る臓腑はどれか。

  1. 肝と胆
  2. 心包と三焦
  3. 肺と大腸
  4. 脾と胃
解答・解説を見る
解答:

問107

六経病証で病邪が最後に達するのはどれか。

  1. 太陰経
  2. 厥陰経
  3. 陽明経
  4. 少陽経
解答・解説を見る
解答:

問108

次の文で示す経路病証はどれか。「咳が出て胸苦しく、胸に熱感があり息切れし、手掌がほてる。」

  1. 心 経
  2. 脾 経
  3. 肺 経
  4. 腎 経
解答・解説を見る
解答:

問109

鍼治療の補瀉で正しい記述はどれか。

  1. 抜鍼後に鍼孔を押さえるのは瀉である。
  2. 経絡の流注方向に沿って刺入するのは補である。
  3. 太い鍼を用いるのは補である。
  4. 呼気に刺入し、吸気に抜鍼するのは瀉である。
解答・解説を見る
解答:

問110

鈹鍼を用いる古代刺法はどれか。

  1. 焠 刺
  2. 傍鍼刺
  3. 絡 刺
  4. 大瀉刺
解答・解説を見る
解答:

問111

古代刺法で毛刺が含まれるのはどれか。

  1. 十二刺
  2. 九 刺
  3. 五 刺
  4. 三 刺
解答・解説を見る
解答: