国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2006年(H18年)第14回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題87〜94)

問87

成人の身体障害者について正しい記述はどれか。

  1. 嚥下障害は聴覚・言語障害に分類される。
  2. 最近では視覚障害者の増加率が最も高い。
  3. 糖尿病は内部障害者として分類される。
  4. 肢体不自由障害者の割合が最も多い。
解答・解説を見る
解答:

問88

介護支援専門員の業務内容で正しいのはどれか。

  1. 介護度の認定
  2. 訪問介護の実施
  3. 居宅療養管理指導
  4. ケアプランの策定
解答・解説を見る
解答:

問89

大腿四頭筋の徒手筋力テストの際、被検者を側臥位で評価しなければならない筋肉はどれか。

  1. MMT0
  2. MMT2
  3. MMT3
  4. MMT5
解答・解説を見る
解答:

問90

ADL に分類されるのはどれか。

  1. 買い物
  2. 自動車運転
  3. 整容
  4. バス乗車
解答・解説を見る
解答:

問91

長期臥床でみられやすい拘縮として誤っているのはどれか。

  1. 肩関節屈曲
  2. 股関節屈曲
  3. 膝関節屈曲
  4. 足関節屈曲(底屈)
解答・解説を見る
解答:

問92

頚髄損傷の症状で誤っているのはどれか。

  1. 関節異所性骨化
  2. 起立性低血圧
  3. 観念運動失行
  4. 体温調節障害
解答・解説を見る
解答:

問93

脳性麻痺の病型として誤っているのはどれか。

  1. 感覚障害型
  2. 運動失調型
  3. 痙直型
  4. アテトーゼ型
解答・解説を見る
解答:

問94

腰痛患者のリハビリテーションで誤っているのはどれか。

  1. 膝と股関節を軽く屈曲して寝るように指導する。
  2. 物を持ち上げる際には中腰姿勢をとるように指導する。
  3. 腹筋の筋力増強訓練をする。
  4. 股関節のストレッチ体操を指導する。
解答・解説を見る
解答: