国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2006年(H18年)第14回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題95〜109)

問95

五体色体の組合せで正しいのはどれか。

  1. 青 - 舌
  2. 秋 - 思
  3. 甘 - 骨髄
  4. 暑 ― 徴
解答・解説を見る
解答:

問96

臓腑とその付着部で正しい組合せはどれか。

  1. 胃 - 第9 胸椎
  2. 肝 - 第10 胸椎
  3. 脾 - 第11 胸椎
  4. 胆 - 第12 胸椎
解答・解説を見る
解答:

問97

小腸について誤っているのはどれか。

  1. 受盛の官である。
  2. 闌門で大腸に連なる。
  3. 清濁を分ける。
  4. 中焦に属する。
解答・解説を見る
解答:

問98

心について正しいのはどれか。

  1. 決断を主る。
  2. 君主の官である。
  3. 営を蔵する。
  4. 四肢を主る。
解答・解説を見る
解答:

問99

聞診で診るのはどれか。

  1. 五主
  2. 五香
  3. 五味
  4. 五液
解答・解説を見る
解答:

問100

舌診で舌尖部に配当されるのはどれか。

解答・解説を見る
解答:

問101

外邪で動きが遅く停滞する性質をもつのはどれか。

  1. 燥邪
  2. 湿邪
  3. 熱邪
  4. 風邪
解答・解説を見る
解答:

問102

胃熱による症状はどれか。

  1. 梅核気
  2. 心下痞
  3. 消穀善飢
  4. 五更泄瀉
解答・解説を見る
解答:

問103

四肢のふるえとめまいとが共にみられる病証はどれか。

  1. 肝血虚
  2. 脾気虚
  3. 肺陰虚
  4. 腎陽虚
解答・解説を見る
解答:

問104

半表半裏証でみられないのはどれか。

  1. 往来寒熱
  2. 胸脇苦満
  3. 悪風
  4. 口が苦い
解答・解説を見る
解答:

問105

次の文で示す経絡病証はどれか。「腰が痛み、季肋部が張って苦しく、顔色は青黒い。」

  1. 小腸経
  2. 脾経
  3. 肝経
  4. 三焦経
解答・解説を見る
解答:

問106

五臓とその症状との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 肝 - 汗をよくかく
  2. 脾 - 肌肉がやせる
  3. 肺 - 体臭が生臭い
  4. 心 - 顔色が赤い
解答・解説を見る
解答:

問107

三陰三陽六病位と体幹の部位との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 厥陰 - 側面の裏
  2. 太陽 - 背面の表
  3. 陽明 - 腹面の表
  4. 太陰 - 背面の裏
解答・解説を見る
解答:

問108

十二刺で筋痺の治療に用いる刺法はどれか。

  1. 賛刺
  2. 揚刺
  3. 報刺
  4. 恢刺
解答・解説を見る
解答:

問109

五刺について正しい組合せはどれか。

  1. 輸刺 - 骨
  2. 関刺 - 血脈
  3. 豹文刺 - 肌肉
  4. 合谷刺 - 筋
解答・解説を見る
解答: