国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2007年(H19年)第15回 はり師・きゅう師国家試験

病理学 (問題45〜51)

問45

病因のうち外因に属するのはどれか。

  1. ビタミン
  2. 年齢
  3. 免疫
  4. ホルモン
解答・解説を見る
解答:

問46

無機塩類の欠乏と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

  1. カリウム - 不整脈
  2. 鉄 - 貧血
  3. 銅 - ウイルソン病
  4. ヨウ素 - 甲状腺腫
解答・解説を見る
解答:

問47

加齢に伴う病変と最も関連の低いのはどれか。

  1. 脳血管障害
  2. 骨粗鬆症
  3. 再生不良性貧血
  4. 嚥下性肺炎
解答・解説を見る
解答:

問48

日和見感染症の病原微生物として最も関連の低いのはどれか。

  1. カリニ原虫
  2. インフルエンザウイルス
  3. 緑膿菌
  4. サイトメガロウイルス
解答・解説を見る
解答:

問49

肉芽腫を形成しないのはどれか。

  1. アスベストーシス
  2. サルコイドーシス
  3. 結核症
  4. ネコひっかき病
解答・解説を見る
解答:

問50

小児に好発する腫瘍でないのはどれか。

  1. 神経芽腫
  2. 髄膜腫
  3. 骨肉腫
  4. 白血病
解答・解説を見る
解答:

問51

悪性腫瘍の特徴として誤っているのはどれか。

  1. 浸潤性発育を示す。
  2. 境界が明瞭である。
  3. 転移を起こす。
  4. 出血壊死を伴う。
解答・解説を見る
解答: