国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2007年(H19年)第15回 はり師・きゅう師国家試験

生理学 (問題31〜44)

問31

出血時の血液の変化で誤っているのはどれか。

  1. 流動性消失
  2. フィブリノゲンが血球を捕捉
  3. 血餅の退縮
  4. 血餅からの血漿の滲出
解答・解説を見る
解答:
2.4

問32

静脈環流が促進される要因でないのはどれか。

  1. 呼息
  2. 静脈の弁
  3. 歩行運動
  4. 心房内圧の低下
解答・解説を見る
解答:

問33

正常呼吸と浅くて速い呼吸とを比べて変化しないのはどれか。

  1. 死腔量
  2. 1 回換気量
  3. 予備吸気量
  4. 分時肺胞換気量
解答・解説を見る
解答:

問34

嚥下に伴う随意運動はどれか。

  1. 軟口蓋挙上
  2. 舌による食塊移送
  3. 舌根の挙上
  4. 食道の蠕動運動
解答・解説を見る
解答:

問35

栄養素でエネルギー源とならないのはどれか。

  1. アミノ酸
  2. グルコース
  3. ナイアシン
  4. トリグリセリド
解答・解説を見る
解答:

問36

健常成人のクリアランス値で最も小さいのはどれか。

  1. 尿酸
  2. 尿素
  3. グルコース
  4. クレアチニン
解答・解説を見る
解答:

問37

アンドロゲンに属するホルモンはどれか。

  1. プロゲステロン
  2. テストステロン
  3. エストラジオール
  4. エストロン
解答・解説を見る
解答:

問38

妊娠中に分泌が抑制されるホルモンはどれか。

  1. プロゲステロン
  2. 黄体形成ホルモン
  3. プロラクチン
  4. エストロゲン
解答・解説を見る
解答:

問39

大脳皮質の機能的領野と脳葉との組合せで正しいのはどれか。

  1. 味覚野 - 側頭葉
  2. 一次運動野 - 頭頂葉
  3. ブローカ野 - 前頭葉
  4. ウェルニッケ野 - 後頭葉
解答・解説を見る
解答:

問40

骨格筋の収縮について誤っている記述はどれか。

  1. 筋細胞の過分極により誘発される。
  2. 筋小胞体からのカルシウムイオン放出を伴う。
  3. アクチンフィラメントがミオシンフィラメント上を移動する。
  4. エネルギー源としてATP を用いる。
解答・解説を見る
解答:

問41

伸張反射について誤っている組合せはどれか。

  1. 受容器 - 筋紡錘
  2. α運動ニューロン - 錘内筋線維支配
  3. Ⅰa 群求心性線維 - 後根神経節細胞
  4. 単シナプス反射 - 膝蓋腱反射
解答・解説を見る
解答:

問42

暑さに対する気候順化について誤っている記述はどれか。

  1. 汗腺の働きが高まる。
  2. 汗に含まれる塩分濃度が低下する。
  3. 皮膚血管が収縮する。
  4. 尿量が減少する。
解答・解説を見る
解答:

問43

味覚について誤っている記述はどれか。

  1. 味蕾で感受される。
  2. 求心性線維は舌下神経である。
  3. 亜鉛の欠乏で味覚障害が生じる。
  4. 順応が起こりやすい。
解答・解説を見る
解答:

問44

免疫反応について誤っている記述はどれか。

  1. B細胞は液性免疫に関与する。
  2. B細胞は形質細胞に分化する。
  3. キラーT細胞はウイルス感染細胞を破壊する。
  4. ヘルパーT細胞は異物を貪食する。
解答・解説を見る
解答: